動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

肉球鶏行歩の極意

(昨日の体育館から)

*つぶれそうな虎鷹拳院に見学者1名。他の会員はまだ来ていないので、簡単に勁力の説明してみる。見学者さん、某拳をやっていたそうです。某拳、勁力方法論が無いからなあ。天才でも無い限り、やっても意味あるのか? とちょっと思う。あっこれは内緒ですね。聞かなかったことにしてね。

*例によって、心意六合拳の鶏歩と弓歩、宋氏形意拳の六合歩の三分間練習です。

*それから鉄牛耕地です。約1名、最初からつぶれていた人あり。まあ、厳しいです虎鷹拳院の鉄牛耕地は。腕立て伏せではどうしようもありません。

*熊の3号の練習開始。腹の動かし方が解らない人もいます。例の連星の腹です。これは実伝でも難しい。私もなかなかできませんでした。熊の3号は、実は宋氏形意拳の横拳そのものです。横拳は、自分で解明しました。もちろん、連星の腹も自分で考えました。

*連星の腹は、心意六合拳の龍腰よりも難しくなっています。心意六合拳ではもっと単純化されています。

*そこで、心意六合拳方式でやってみました。心意六合拳では、最初から龍腰の半身を完成させてしまいます。そこから、押します。練習では押すだけです。撃つと危険なので、撃つ場合はパンチング・ミットを用います。

*ちくわさんが、ふにゃふにゃの腕を教えていました。ふにゃふにゃの腕に、鷹爪だけ加えます。それで押してみてもらいます。

*相手の圧力を感じると、肩を使ってしまう人もいます。安易な方法に頼ります。すると勁力は死にます。相手の圧力を感じたら、反対に肩と上腕の力を抜いてしまいます。常識と反対のことをすると上手くいきます。普通の反射と反対のことをすればいいわけです。

*最後に、心意六合拳・鶏行歩の極意を伝授しました。最近、鶏行歩の教え方が解りました。多くの人がガチガチ鶏行歩をします。どうしたものかなあ? もうあきらめようかなあ? と思いました。

*でも、三盤落地をやりこんでみると、自分の鶏行歩の理解が深まりました。すると、勁力も増大しました。虎撲の威力も大きく違います。

*足指で歩く、という原則を極端にしてみました。鶏行歩では、足指で一本足になります。その足指一本足時間を長くします。

*鶏行歩は、左右の足指が交替するだけ、というわけです。純粋指行性に近くなりました。虎=ネコ科により近づきました。

*鶏行歩での未完成鶏歩で、足指に全体重を乗せます。その全体重を確認してから、足を進めます。全体重を乗せる、というところを中途半端にするから失敗します。

*上半身はもちろん力を抜きます。特に、胸と肩の力を抜きます。腹だけ使います。腹と内転筋でバランスを造ります。

*前膝は伸ばしてはいけません。伸ばしていないつもりでも、実は伸ばしてしまいます。これを膝で歩く、と称します。膝の伸縮を使ってはいけません。

*左足の足指に全体重を乗せたら、そのまま右足を進めます。最後まで、前のめりになってはいけません。最後まで体重は左足の足指にあります。

*そして、やっと右足の足指に交替します。歩幅を大きくして、足指一本足時間を長くします。もちろん、墜落=沈墜してはいけません。

*地面を蹴らなくても、体重が推進力となります。下腿三頭筋が発動します。それを支えるのは足指です。これが肉球鶏行歩となります。

*肉球鶏行歩の教え方が解ったので、もうどんな鈍い人でも怖くありません(笑) 。

*全国の鈍い奴ら、虎鷹拳院に結集せよ ! 肉球鶏行歩で勁力を獲得せよ !
[PR]
by tiger-hawk | 2016-01-10 00:31 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー