動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

鷹抓把の発勁へ

*心意六合拳の真実の姿を明らかにします。勁力の三段階論です。

*え? ブジマツ、それは反則ではないのか? 勁力は姿勢のことではないのか? それなら一つだけだろう。三段階とはおかしくないか? 

*確かにその通りです。心意六合拳の鶏歩には全てが備わっています。宋氏形意拳の六合歩には全てが備わっています。

*しかし、勁力の学習方法論としては、それでは駄目です。何の意味もありません。まさに某拳の致命的欠陥とはそこの所です。学習方法論の欠落です。

*ここでは、学習方法論として、三段階論を展開します。ここでは、心意六合拳の鶏歩から始めます。心意六合拳には、鶏歩と鶏行歩が備わっているので、解りやすくできています。(宋氏形意拳には鶏行歩が無いので、説明が難しくなります。)

*鶏歩では、前腕による鷹爪、龍腰=脇腹から鼠蹊部へ走るコマネチライン、腹横筋による脇腹の張り、腹直筋による体幹の直立、腹横筋による提肛、などがあります。

*そして、足に関しては、膝を折り曲げずに、後ろ足の足首を折り曲げることです。膝は足首に釣られて折り曲げられます。そのことによって下腿三頭筋が覚醒します。

*回族の陳先生は、私に発勁を教えてくれました。特に足に関しての発勁です。陳先生は、後ろ足の踵を上げて降ろしました。そして、この勁で撃つ、と言いました。それで私は覚醒しました。

*この、踵を上げて降ろす、という動作の中に、実は踵は存在していません。踵はどうでもいいのです。問題は踵を降ろすということではなく、その時に足首が折れ曲がることだったのです。

*この動作を教えてみると、全ての人は踵に注目します。そして、失敗します。踵は膝と太ももに直結しているからです。踵ー膝ー太もも=大腿直筋、という運動路線になっています。このいつもの運動路線に絡めとられてしまいます。

*鶏歩の後ろ足は、踵が少し浮いています。地面から離れています。そのために、全ての人は踵に注目します。だから、失敗します。ここでも踵はどうでもいいのです。

*踵が浮いた結果、足首が折れ曲がるのです。すると、体重は下腿三頭筋が支える結果となります。すると下腿三頭筋が覚醒します。これが鶏歩の目的だったのです。普通の人は膝で立っているので、ここを理解できません。足指で立つことを知りません。

*下腿三頭筋はかなり受動的な働き方です。積極的、能動的ではありません。これは下腿三頭筋の筋トレが役に立たない理由となります。

*地面と直接関係するのは、後ろ足の肉球です。趾球と足指です。心意六合拳は地に呪われています。重力無しでは成立しません。肉球が接地することにより、足首が折れ曲がります。すると、下腿三頭筋が覚醒します。

*この関係性を造ります。肉球(趾球と足指) ー足首ー下腿三頭筋の勁力トライアングルとなります。

*これが勁力の第一段階です。これで全てともいえますが、それでは不親切というものです。

*第二段階は鶏行歩です。歩きます。肉球で歩きます。特に足指に重点を置きます。足指に全体重を乗せます。この足指が交替します。それが鶏行歩となります。

*普通に歩く時も、足指に全体重を乗せます。ただし、交替する瞬間は、鶏行歩とは少しズレます。それは、普通に歩く時は膝がほぼ伸びているからです。つまり、前足指に全体重の乗る瞬間が少し遅くなります。(この普通に歩くとは、一般的な歩き方ではなく、勁力的な歩き方のことです。)

*鶏歩の時は、後ろ足の指でしたが、鶏行歩の時は足が交替するので、前足の指の瞬間があります。

*後ろ足指でも、前足指でも、どちらも同じ一本足指です。つまり、一本足指であれば発勁できます。そこで、未完成鶏歩でも発勁できます。その場合、全体重は前足指にあります。飢虎撲羊の三番目の動作と同じです。

*ここで、鷹抓把の発勁が登場します。勁力の第三段階です。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-01-12 01:09 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー