「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

気?それとも体重?

*Hさんのがに股を治してみたのですが、本人は深刻には受け取っていないようです。いやあ、がに股は致命的な欠点なのですが。内転筋でバランスを取ってください。

*やはり、日常的な歩法から修正していかないと、心意六合拳の鶏行歩はできない、と痛感しました。

*足指を使って歩く。体重を推進力とする。大きく歩幅を取る。足指にしっかりと体重を乗せる。膝の伸縮で歩いてはいけない。前足指の踏み込みではなく、後ろ足指の踏み込みで前進する。前足指の着地を大切にする。などのことを徹底させる。

*前足指の着地なんですが、これは誤解されやすいようです。前足指の踏み込みと解釈されると、困ります。

*前足指が着地する瞬間、撃ちます。そこで、心意六合拳の鷹抓把なんですが、上手く止まらないと前へ転んでしまいます。上から下へ撃ち込むので、その勢いに負けてしまうと厄介です。

*ところがこれ、それほど問題になりません。問題になるのは、地面を蹴ってしまうからです。そうなると、もう制御不能となります。

*地面を蹴ると浮き上がるので、沈むしかありません。結果、沈墜勁や震脚の方向へ行かざるを得ません。こうなると、後ろ足は空っぽとなります。それ以前の段階で、後ろ足の下腿三頭筋は死んでいます。

*後ろ足の踏み込みとは、地面を蹴ることではなく、体重に任せることです。それは、鶏歩の変形となります。したがって、適度に力を抜くことが必要となります。

*これがどうしてもできなかった人がいました。地面を蹴ることこそが、彼の勇猛果敢な心意六合拳のイメージだったのです。結局、虎鷹拳院から消えていきました。現在は古武道団体の支部長をされているらしいです。まあ、今が幸せならばそれでいいのですけど。

*私は怠け者なので、どうしても力を入れるイメージができませんでした。別にそんなことしなくても、いくらでも人を倒すことができると確信していました。力を入れると遅くなるし。 パンチはハエが止まります。

*性格がひねくれ者なので、さりげなくやるのが好きでした。それで、力の集中を最後に持って行く、現在のスタイルができました。すると、攻撃が重くなることを発見しました。

*この最後というのが、前足指の着地なのです。この瞬間に全てを賭けます。もちろん、途中経過が抜けてはいけません。後ろ足指の踏み込みを最後まで維持します。

*形意拳も撃ち急ぐと失敗します。ゆっくり入って、突然撃ちます。これは、宋氏形意拳の崩拳で学びました。見えない(本当は見える) 過程の動きがあります。ここで、力を入れると失敗します。

*私は馬鹿なので、力を入れる人の気持ちが解りませんでした。申し訳なかったと、反省しています。

*これは、脳神経の反射だと考えています。普通の人は、動き始めたら力を入れてしまうものなのです。私はヘンタイなので、動き始めても力を入れません。これはどうも最初からそのようだったようです。

*若い頃、二十四式太極拳を習ったのですが、一ヶ月位で人を押せるようになりました。もちろん、体重を浴びせないで。他の人ができないのが不思議でした。その頃から、空気の読めない馬鹿でした。(実は、子供の頃から空気の読めない馬鹿でした。)

*力を入れないでゆっくり動き出すと、空気の中を泳いでいるような感覚になります。すると、空気の重さを感じているような錯覚に陥ります。

*もちろんそれは誤解であり、ウソなのです。では何を感じているのか? それは自分の体重を感じているのです。もちろん、地面を蹴ると浮いてしまうので、自分の体重を感じ取れません。

*気を感じると称する武術家先生もいますが、それはウソなのです。ウソで悪ければ、錯覚です。気ではなく、自分の体重なのです。

*自分の体重を感じるのは、実は難しいのです。普段、自分の体重を感じていては、生活も勉強も仕事もできません。

*普段は、肩も胸も太ももも膝も、緊張していますから、自分の体重なんか感じられません。余談ですが、つい太り過ぎるのも同じ理由です。そして、太っている人は自分が太っているとは感じられません。そのために、しばしばダイエットに失敗します。痩せているひとも自分が痩せているとは感じられません。そのために、拒食症になる場合もあります。(他の要素も必要ですが)

*自覚できないのです。自覚したら、日常生活が不自由になってしまいます。機能不全に陥ります。

*自分の体重が感じられないのは、脳神経の正しい反射なのです。生きていく上で必要なことです。

*武術していても、なかなか自分の体重を感じ取れません。すると、相手の体重も感じ取れません。そして、攻撃は単純な暴力となります。ただの力任せか、体重浴びせとなります。勁力なんか望むべくもありません。

*いわゆるタントウも、いわゆる立禅も、いわゆる太極拳も、気を感じ取る練習ではありません。それらも、自分の体重を感じ取る練習なのです。(ここ重要です。フフフ)

*虎鷹拳院でやる禅密功も、自分の体重を感じ取る練習なのです。どうして、カラダを緩めるのか? それは、体重を感じ取るためだったのです。

*体重を感じ取ることができたその時、はじめて体重を勁力として生かすことができます。

*自分の体重を感じ取れないまま攻撃すると、その攻撃は浮ついてしまいます。フワフワと浮いています。そうなると、腕力に頼らざるを得ません。あるいは、沈むしかありません。沈墜勁とか十字勁とか震脚とか選択するしかありません。

*心意六合拳の鶏行歩も、自分の体重を感じながら歩きます。だから、地面を蹴ってはいけません。

*そこで、始めに戻ります。心意六合拳の鶏歩です。宋氏形意拳の六合歩です。それらは、自分の体重を感じ取るための練習でもあるのです。そのために、足首を折り曲げます。そして、下腿三頭筋に体重を感じ取ります。

*しかし、普通の人は膝で立っています。膝で歩いています。それがヒトの直立二足歩行だからです。それが正しい反射です。それが正しい人類の姿です。

*しかし、動物武術の姿勢の勁力は、それらの変革を求めます。そのために、ニワトリの一本足歩行と、虎の指行性を取り入れたのです。(これで勁力の環が完成します。始めに戻れました。)
[PR]
by tiger-hawk | 2016-01-13 00:24 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー