動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

足指はストッパー

*指行性ウォークをやっていたら、すこぶる身体の調子がいい。もちろん、最初は疲れたけど、慣れました。特に、太ももの裏側の筋肉を使っているようです。たぶん、大腿二頭筋です。

*指行性ウォークが完成したのも、伝説の形意拳・半歩崩拳が完成したのも、全て、心意六合拳の三盤落地のお陰です。三盤落地様、ありがとうございます。

*これからは、指行性ウォークと心意六合拳・三盤落地を、虎鷹拳院の基本標準といたします。

*でも、正直いうと、指行性ウォークは、心意六合拳・弓歩で歩いているようなものです。心意六合拳・弓歩を繋げて歩行にしてしまったような感じです。

*ですから、指行性ウォークの発勁は、心意六合拳・弓歩の発勁と同じです。つまり、大きい鶏歩の発勁です。

*それを、日常歩行にしてしまったというわけです。これは、見ても解りません。そこは詳しく解説いたします。

*姿勢の勁力といっても、心意六合拳・弓歩の発勁が一番簡単です。心意六合拳・鶏歩の発勁と、宋氏形意拳・六合歩の発勁は、ちょいと難しくなります。

*鶏歩と六合歩は、そもそもなかなか上手く立てない。それだけのことなんですけど。

*これは、足首の力が抜けないので、下腿三頭筋も大腿直筋も過緊張してしまう、という現象です。

*足首が折れ曲がるというのは、足首ががんばることではありません。足首ががんばらない、ということです。

*ここのところを誤解してしまう人がいます。武術の練習とは、がんばることだと考えてしまいます。武術の練習とは、がんばらないことなのです。

*鶏歩の練習で膝が痛くなるのも、がんばった結果です。がんばらなければいいのです。

*鉄牛耕地したところで、死ぬわけではありません。死ぬまで鉄牛耕地することは、不可能です。だったら、自分の身体と相談しつつ、ちょっと無理すればいいのです。

*三盤落地の弓歩になる技は、軸足の足指に全体重を乗せます。そのまま弓歩になります。着地の時、前足の足指をストッパーとして使います。たったそれだけのことです。秘伝もクソもございません。

*ほとんど両足を揃える技は、両足の足指に全体重を乗せるのではなく、軸前足の足指に全体重を乗せます。たったそれだけのことです。秘伝もクソもございません。

*着地するのは、足指です。着地の衝撃は足首で吸収します。実際の筋肉は下腿三頭筋です。たったそれだけのことでございます。秘伝もクソもございません。

*武術のロマンもありません。勁力の夢もありません。伝説の形意拳・半歩崩拳も同じ構造です。

*実に簡単です。だから、アホのフジマツでもできました。誰かに教わったわけでもございません。自然にできました。

*ではなぜ、できない人がいるのか?

*それは、足首が硬直しているからです。足首が硬直していると、下腿三頭筋が固まります。大腿直筋も固まります。

*では、どうすればいいのか?

*足指を使って歩くことです。日本人が忘れた歩き方です。

*それをさらに拡大強化します。足指で前進します。足指で大股に歩きます。

*そのためには、足首を緩めなければなりません。すると、下腿三頭筋も緩みます。大腿直筋も緩みます。筋肉は緩まなければ使えません。弛緩するから緊張できます。最初から過緊張では、使い物になりません。

*足指を使うためには、足首を緩める必要があります。下腿三頭筋の筋トレが無意味なのも、足首が硬直しているからです。

*私が未完成弓歩=大きい鶏歩を提唱したのも、足首を緩めるためでした。

*これは写真では解りません。動画でも無知な人には解りません。がんばる人には解りません。

*ウォーキングしていると、どんどん足首が硬直します。指行性ランニングは、ジャンプしているので使えません。

*足指で歩くといっても、ジャンプしてはいけません。足指はストッパーということです。それだけです。だから、指行性ウォークは一本足が連続します。それだけです。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-01-16 04:33 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー