動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

自分の体重だけで十分

(昨日の体育館から)

*「肩の力が抜けないのは、大胸筋が邪魔をしているから」、だそうです。ちくわさんの見解です。なるほど、Hさんの胸はなんとなく張っていました。いつも張っていました。

*しかし、だんだん肩のハンガーが取れてきました。以前は、肩に衣紋掛けが入っていました。どうしたもんかなあ? と考えていました。

*Hさんのがに股は治しました。内転筋で歩く、というのをやってもらいました。以前は左右に揺れていました。

*内転筋は心意六合拳の弓歩で覚醒させます。弓歩をして、足指ー下腿三頭筋ー半腱半膜様筋ー内転筋のルートを造ります。足首を内側へ曲げるようにします。

*なるべく大きい弓歩で、両足の内転筋に体重がかかるようにします。最初は、後ろ足の内転筋だけですが、やがて、両足の内転筋が使えるようになります。

*普通の武術の弓歩は、太ももの外側広筋と大腿直筋で造ります。心意六合拳の弓歩は独特です。普通の武術とは、太極拳や少林拳や八極拳のことです。

*この内転筋の使い方は、心意六合拳の師匠から教わりました。この内転筋が、いわゆる太極拳の円襠になるそうです。

*ただ、太極拳の起勢だけで内転筋を覚醒させるのは、たいへん困難です。たぶん、ほとんどの人には無理です。

*心意六合拳の弓歩は、内転筋の覚醒のためにあります。

*内転筋が覚醒すると、歩く時のバランスが良く成ります。がに股も治ります。足の親指側のラインで歩けます。がに股は、足の小指側のラインで歩きます。

*心意六合拳の鶏行歩はオカマ歩きです。オカマ歩きを支えるのは、内転筋です。

*みんなで熊の1号をやってみました。熊の1号だけで発勁できます。大事なのは、身体を捻らないこと。体幹がいっしょに動きます。胸は空っぽにします。胸に力が入ると、肩にも力が入ります。

*なんとなく、Hさんの勁力が出て来ました。熊の1号の成果です。さらに、ちくわさんがHさんの胸をゴニョゴニョしてました。さすが、カイロプラクターです。邪魔な大胸筋をゴニョゴニョです。

*私は、おまじないで肩の力を抜きました。肩の力を抜く、と思うと抜けました。それは、センセーがヘンタイだからだそうです。みんなの見解です。

*見たところ、Hさんの身体がきれいになってきました。なで肩で胸が張ってません。勁力で押すことができるようになりました。

*Nさんも勁力が出てきました。でも、最後に肩を使ってしまいます。最後まで肩の力を抜くことができません。まあ、それがヒトの普通の反射なんですが、そこを乗り越えてほしいです。

*相手の体重の圧力を感じると、肩で支えてしまいます。そこから肩の力を抜きます。いつもと反対のことをします。

*相手の体重の圧力は、前腕の筋肉だけで支えます。それが鷹爪です。これがどうも不安なようです。でも、腹を使えば大丈夫です。

*大胸筋の代わりに小胸筋を使います。前鋸筋も使います。

*前腕と腹、小胸筋と前鋸筋、なども鉄牛耕地で覚醒させます。

*鶏行歩などで太ももを硬直させてしまう人がいます。すると、ホンダのアシモ君になってしまいます。太ももが硬直するのは、足首が硬直するからです。

*大きい鶏歩を造り、足首を緩めて揺らしてみます。上下にふにゃふにゃ揺らします。これで、足首の硬直を治してみます。

*力を加えてはいけません。力を加えるから、足首が硬直します。すると、太ももが硬直します。

*自分の体重だけで十分なんです。それ以上、加えてはいけません。みんな、がんばってしまいます。がんばってはいけません。自分の体重に加えるものは何もありません。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-01-17 05:54 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー