動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

鶏行歩準備体操

*どうして肩の力が抜けないのか? それは胸が張っているからだ。どうして胸が張っているのか? それは尻が出ているからだ。だから、尻を収める=提肛をすべきだ。・・・というのがちくわさんの意見でした。

*それもあるかるでしょうけど・・・肩に力が入るのは、直立二足歩行のヒトの普通の反射だと考えます。だから、違う反射を造ればいいと考えます。それが、心意六合拳の鷹爪です。

*もう一つの問題は、心意六合拳の鶏行歩です。アシモ君鶏行歩をしてしまう人が少なからずいます。太ももの力が抜けないのです。

*太ももの力を抜くためには、どうすればいいか? これは日本人の習慣の問題と考えます。日本人は足指を使わないで歩く、との研究成果がホンダのアシモ君でした。

*足指を使わない歩き方とは、もちろん、踵を全面的に使う純粋蹠行性です。足裏全体が踵になります。踵から膝と太もも=大腿直筋に直結します。

*地面を踵で蹴る。着地も踵で全面的に引き受ける。そのために、膝と太ももで歩く結果となります。

*だから、足指を使う歩き方に改めます。一本足の足指に全体重をかけます。着地の際、踵は地面に触れるだけにする。さらに、大股に歩く。すると、一歩一歩が弓歩のような感覚になります。この指行性ウォークを日常歩行にしてしまう。

*さらに、鶏行歩準備体操を考えてみました。大きい鶏歩=未完成弓歩になります。全身を緩めます。そして、身体を少し上下に揺らします。

*全身が緩んでいれば、足首が折れ曲がります。これは自分の体重で折れ曲がります。すると、体重は下腿三頭筋で支える結果となります。

*これが大きい鶏歩です。これを小さくすれば、心意六合拳の鶏歩になります。そのまま歩けば、鶏行歩となります。

*これは最初、サンダーさんのために考えました。サンダーさん、鶏歩で膝に体重が乗ってしまう、との問題がありました。

*そのために、大きい鶏歩からの練習を考えました。

*でもこれ、鶏行歩の準備体操になるのでは? と思いつきました。主に、アシモ君鶏行歩になってしまうための準備体操です。

*全身を緩めて実行するというのが、前提条件です。太ももでも膝でも支えません。肩でも胸でも支えません。すると、自分の体重で足首が折れ曲がります。しかし、足首は関節ですので、下腿三頭筋で支える結果となります。

*もちろん、下腿三頭筋も力を入れてはいけません。自分の体重を受け止めるだけです。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-01-18 05:37 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー