「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

指行性ですよねえ~~

*心意六合拳にタントウは無いのか? と質問されたことがありますが、タントウみたいなのはあります。

*天地功の一部の動作がタントウみたいです。でも少し変っています。ゆらゆら揺れるんです。海の中の海草のように揺れる、と教わりました。

*どうするのかというと、踵からつま先までカラダが前後します。

*その意味は・・・自分の体重が今何処にあるのか? を感知するためだと思われます。

*自分の体重が踵にあるのか? 土踏まずにあるのか? 趾球にあるのか? 肉球(趾球と足指) にあるのか? 足指腹にあるのか? 自分の足裏で感じ取ります。

*これ、蹠行性(蹠行性) なのか? 指行性なのか? という問題だと考えます。踵で立つのが蹠行性です。肉球(趾球と足指) で立つのが指行性です。指行性の最終形態が足指腹で立つということです。

*段差を上り下りする健康法がありました。それで、フクラハギを鍛えるそうです。あれは、勁力運動としては使えないなあ、と感じていました。でも理由は解りませんでした。

*それも蹠行性と指行性で考えれば解ります。段差を上り下りする運動は、蹠行性になります。無理して指行性にすることもできなくはないけど、かなり苦しいです。

*階段を上がることも、上り坂も勁力運動としては使えないなあ、と感じていました。階段を下ることや、下り坂は少しいいかも? と感じていました。はっきりとは解りませんでしたが。

*これも蹠行性と指行性で解釈できます。階段を上がることや上がり坂も蹠行性になります。階段を下ることや下がり坂は指行性に近くなります。

*でも例外もあります。それは、がに股です。がに股で階段を下ると、とても安定します。がに股はバランスがいいんです。もちろん、おすすめはしませんけど。がに股では、永遠に指行性になれません。心意六合拳の鶏行歩は、やや内股気味ですから。

*歩く時に、内転筋でバランスを取ります。やや内側となります。すると、真っ直ぐに歩けます。

*がに股は、外側広筋でバランスを取っていると思われます。だから、外側広筋でバランスを取る弓歩や馬歩は、がに股に近くなります。

*心意六合拳の弓歩は、内転筋でバランスを取ります。そのために、内転筋に体重が降りてくるようにします。すると、やがて内転筋が覚醒します。

*鶏行歩準備運動では、内転筋も使いますが、下腿三頭筋に体重が降りてくるようにします。すると、足首が折れ曲がります。

*全て、自分の体重を使いますから、力を入れる、というわけではありません。心意六合拳の鶏歩も、宋氏形意拳の六合歩も自分の体重を使います。だから、がんばる必要はありません。

*どうして立っているだけで勁力が発生するのか? それは指行性だからです。蹠行性だと、沈墜勁など発勁動作が必要となります。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-01-24 09:24 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー