「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

ありのままですよね~~

*心意六合拳の鶏歩は、バランスが最悪です。もちろん、綱渡りの芸人さんとは比べ物にはなりませんけど。武術としてはバランス最悪、といったところでしょうか?

*ではなんのためにバランスを最悪にしたのか? 機動力のため? いえいえ、機動力ならば普通に立っていればいいんです。

*鶏歩はもちろん、指行性のためにあります。そのために、後ろ足の踵が浮いています。

*ところが、そのままでも、鶏歩のままでも蹠行性(せきこうせい) にしてしまうことも可能です。その危険性が大いにあります。

*それが、がんばることです。バランスが最悪なので、がんばってしまいます。

*何処でがんばるのか? それが太ももです。大腿直筋です。太ももでバランスを取ります。

*日本人の武術の価値観は、がんばることにあります。がんばらないこと、なんて選択肢はありません。ところが、私は怠け者なので、がんばったことがありません。武術でも、がんばったことがありません。そもそも達人なんかには成れないので、ただ続けていただけです。

*蹠行性とは、踵で立って、踵で歩くことです。しかも、現代日本人は足指を全く使わないで歩くので、純粋蹠行性となっています。

*蹠行性の特徴は、踵ー膝ー太もも、の運動路線となります。

*したがって、後ろ足の踵が浮いていても、太ももががんばれば蹠行性とすることも可能です。つまり、ハイヒールを装着したような状態です。

*指行性の特徴は、肉球(趾球と足指) で立ち歩くことです。この時に、趾球と足指ががんばると、太ももに直結します。その前に足首が伸びます。趾球・足指ー足首ー太ももという運動回路ができます。

*そのままでは足らないので、前足で体重を支えます。前足は純粋蹠行性となります。これで、蹠行性の鶏歩ができあがります。見た目は、なかなか区別できません。もちろん、自分自身は区別できます。

*虎を観察する機会はほとんどないので、イエネコを観察してみましょう。音も無くスタスタと歩いています。四足歩行だから可能ということもありますが、とても静かです。

*肉球(趾球・足指) も緊張していません。太ももも、緊張していません。

*もちろんヒトは二足歩行なので、指行性は難しくなります。しかし、ニワトリも鳥類なので、指行性です。鳥類は二足歩行です。(重心の位置がヒトとはかなり異なります。) 

*特にニワトリがゆっくり歩く時は、一本足になります。ツルと同じです。(一本足にならないツルの種もいるようです。上野動物園で確かめました。)

*ということは、虎の指行性にニワトリの一本足を加えれば、ヒトの指行性は完成します。

*それが、心意六合拳の鶏歩と鶏行歩です。

*ところが、邪魔が入ります。それが、がんばることです。がんばると、蹠行性に戻ってしまいます。

*がんばるとは、ありのままではないことです。力を加えてしまうことです。

*体重を勁力に変換するためには、ありのままの体重であるのが条件です。体重に何かを加えてはいけません。体重に筋力を加えてはいけません。力を抜くということは、そのためにあります。気で打つためではありません。

*沈墜勁や震脚では、勢いで体重を増やすそうですが、姿勢の勁力では体重を増やしてはいけません。それは、また別の世界です。そちらで、がんばってください。

*姿勢の勁力では、がんばってはいけません。自分の体重の、ありのままで、いいんです。だから◯◯勁といった発勁動作は要りません。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-01-28 06:29 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー