「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

鶏行歩は体重だけ運搬します

*心意六合拳の鶏行歩は、自分の体重だけ運搬します。それ以外のことは絶対にしません。これが鶏行歩の極意です。

*これで全て解決します。すなわち・・・

*心意六合拳の鶏歩は、自分の体重だけ立てます。それ以外のことは絶対にしません。

*宋氏形意拳の六合歩は、自分の体重だけ立てます。それ以外のことは絶対にしません。

*もちろん、震脚や沈墜勁などの発勁動作は必要ありません。十字勁や纏絲勁などの発勁動作は、余計なお世話です。

*発勁動作は、一瞬動きが止まります。それは、それらが外勁力だからです。

*だから、なんにも要りません。迫力も勢いも要りません。必要なのは、姿勢だけです。だから内勁力となります。

*だから、地面を蹴ることはしません。ただ、立っているだけです。そのための指行性と一本足時間なのです。

*そのために必要なのは、体幹の絞り=龍腰です。これはフジマツが世界で初めて明らかにしました。

*また必要なのは、前腕の筋肉で指を遠隔操作することです。それを鷹爪と称します。

*体幹は肩ではなく、腹で動かします。

*肩で実行するのが腕立て伏せ、です。

*腹で実行するのが鉄牛耕地、です。両者は全く異なる世界です。

*鶏歩と六合歩は、自分の体重だけ立てます。だから、地面を蹴ることをしません。

*それは太もも=大腿直筋が地面を蹴らないばかりでなく、フクラハギなど下腿三頭筋も地面を蹴らないことを意味します。

*したがって、足首を折り曲げてはいけません。足首は体重により、結果として折れ曲がります。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-02-02 08:11 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー