動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

足裏時間のために

*足裏時間について、整理してみます。

*何のために足裏時間なるものを考えたのか?

*ヒトは踵で立って踵で歩く蹠行性(せきこうせい) ですが、これを指行性にするためです。ところが、実際には蹠行性の骨格なので、半指行性となりますけど。

*踵で着地すると蹠行性になってしまいます。そこで、踵は地面に触れるか触れないか、という微妙な関係を作ります。そこから、瞬間的に、趾球と足指で着地します。これで、指行性に近くなります。

*この着地方法を、指行性ウォークと心意六合拳・鶏行歩で実行します。これが、第一の足裏時間です。

*心意六合拳・鶏行歩では、瞬間的に未完成鶏歩となります。この未完成鶏歩が連続するのが鶏行歩というわけです。

*ところが、打撃の足裏時間としては、これではもの足りません。距離が長過ぎるので、もっと距離を短くしたいのです。そこで、距離を縮めて時間も縮めます。すると、いわゆる技の切れが良く成ります。

*打撃の足裏時間を、土踏まずから趾球と足指、と設定します。この距離と時間で撃ちます。これが第二の足裏時間となります。

*さらに、究極の足裏時間があります。これは、心意六合拳の三盤落地ではっきりとしました。

*趾球から足指の距離を設定します。この距離と時間で撃ちます。すると、とても短い時間で撃てます。集中しますので、強力な打撃力となります。

*これらの足裏時間を体得するには、自分の体重が今何処にあるのか? を感じ取る必要があります。

*そこで、天地功でゆらゆら前後に揺れてみます。踵から土踏まず、土踏まずから趾球、趾球から足指へと移動します。そして、足指から趾球、趾球から土踏まず、土踏まずから踵、と移動します。これをゆっくりとやってみます。

*心意六合拳の弓歩・鶏歩、宋氏形意拳の六合歩などでも、自分が何処で立っているか? を常に確認します。

*足裏時間を体得しましょう。

*この足裏時間を体得すると、訳の解らない心意六合拳の虎抱頭が、たいへん恐ろしい技となります。結局、危なくて使えなく成りますけど。

*心意六合拳にはパンチがありません。それらしいものに馬形拳がありますけど。所詮、パンチ合戦やったところで、ボクシングには敵いません。だから、やりません。かといって、つかむわけでもなく、独自の闘い方を心意六合拳は編み出しました。その象徴ともいうべき技が、虎抱頭です。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-02-04 05:26 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー