動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

体重を集中する

*体重を勁力に変換するためには、そのままの身体ではいけません。分散している体重を集中する必要があります。

*まず、ニワトリの一本足時間と虎の指行性を参考にします。そこで、一本足の趾球と足指に体重を集中します。それが、心意六合拳の鶏歩、宋氏形意拳の六合歩、となります。実際にそれを担うのは、主に下腿三頭筋です。そのために、足首は折れ曲がります。

*内転筋でバランスを取ります。それが、心意六合拳の弓歩です。さらに、半腱半膜様筋と大腿二頭筋、が補強します。そして、内側広筋も補強します。それが、宋氏形意拳の六合歩です。

*体幹もそのままでは使えません。十文字呼吸法で、体幹を絞ります。腹横筋で腹を左右横へ張ります。引っ張るようにします。

*腹直筋で体幹を立てます。腹横筋はそもそも横に付いています。腹直筋は縦に付いています。つまり、そのあるがままの形にしたがいます。それを極端にするだけです。動物武術の呼吸法は、発勁、排打功、雷声(心意六合拳) 、の全てにおいて同じです。(いわゆる逆腹式呼吸法は、使い物になりません。)

*さらに、体幹を絞ります。前鋸筋から、反対側の鼠蹊部へ、雑巾を絞るようにします。これを両側から実行します。これが、心意六合拳と形意拳の称するところの龍腰です。当然、腹斜筋も使います。

*実際に、勁力を届けるのは、手と足です。手は鷹爪となります。すなわち、前腕の筋肉で指を遠隔操作します。

*前腕の筋肉で掌を造ります。前腕の筋肉で拳を造ります。これは、指の第二関節がカギとなります。第二関節を広げて、掌を造ります。第二関節で拳を造ります。打撃では、体重移動を徹底的に排除します。

*自分を四足歩行動物として考えると、前腕の筋肉は足では下腿三頭筋となります。蹴りは、足首と下腿三頭筋で蹴ります。蹴りを膝の伸縮で蹴るのは、拳を腕の伸縮で撃つのと同様に、論外です。

*姿勢の勁力の障害となるのは、主に肩の力と太もも=大腿直筋の力です。これは、ヒトの直立二足歩行に由来しています。つまり、習性みたいなものです。

*肩を使わないようにします。例えば、肩で撃つ動作も、肩は使いません。体幹の絞りを使います。心意六合拳の熊吊膀や龍形挿把などの技も、肩で撃つのではなく、体幹の絞りで撃ちます。

*拳で撃つ技も、掌で撃つ技も、腕で撃つ技も、体幹の絞りで撃ちます。(体重移動を排除します。)

*それを、宋氏形意拳の龍形基本功、熊の1号、3号、2号、で学びます。

*太もも=大腿直筋を使ってしまうと,地面を蹴ってしまいます。地面を蹴ると、ジャンプするのと同じですから、身体は浮いてしまいます。すると、勁力として使える体重が激減してしまいます。つまり、ランニングとウォーキングは使えません。蹠行性でも指行性でも、地面を蹴ると使えません。

*太ももも大切なのですが、姿勢を維持するためだけに使います。勁力としては下腿三頭筋を重視します。しかし、下腿三頭筋も地面を蹴ってはいけません。ゆるい下り坂を降りるようなイメージを用います。心意六合拳の鶏行歩は、地面を蹴るのではなく、体重だけ運搬します。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-03-15 01:25 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー