動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

カギはダウンフォース

*肩の力は、前腕の鷹爪に死を招きます。(肩で撃つ時に、肩を使わないことを学ぶ必要があります。宋氏形意拳の熊の1号、心意六合拳の熊吊膀と龍形挿把、などです。) 

*太もも表=大腿直筋の力は、大腿二頭筋のダウンフォースを消してしまいます。

*この間違った二つの力は、ヒトの習性ともいうべきものです。すなわち、ヒトの直立二足歩行によりもたらされました。

*特に、現代日本人は、足指を全く使わないで歩くために、太もも裏=大腿二頭筋を使わなくなりました。これは、指行性ウォークと心意六合拳の鶏行歩で修正できます。

*大腿二頭筋のダウンフォースは、心意六合拳の鶏歩と弓歩に、宋氏形意拳の六合歩に、内包されています。

*しかし、大腿二頭筋のダウンフォースが最もはっきりと現れるのは、鶏行歩の途中の未完成鶏歩の時です。

*すなわち、途中の一本足状態の時です。これが、ニワトリの一本足時間の正体です。もちろん、ダウンフォースですから、地面を蹴ることはありません。試しに、できている人の太もも裏を触ると緊張しているのが解ります。

*心意六合拳の単練法は、二歩で構成されています。最初の一歩の未完成鶏歩が大切です。この時に、大腿二頭筋のダウンフォースを造ります。だから、未完成鶏歩で撃つ技も存在しています。形意拳の半歩崩拳も同様の技です。

*姿勢の勁力は、「撃つ前に」、大腿二頭筋でダウンフォースします。なお、沈墜勁や震脚は、「撃つ時に」、大腿直筋でダウンフォースします。

*この大腿二頭筋のダウンフォースが、静かな勁力の最後のカギをにぎります。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-02-28 15:11 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー