動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

ダウンフォースが勁力を生む

*姿勢の勁力におけるダウンフォースとは何か? それは文字通り、姿勢を造る決め手となります。すると、ダウンフォースそのものが勁力を生み出します。

*心意六合拳の鶏行歩における未完成鶏歩では、主に大腿二頭筋がダウンフォースを造ります。

*心意六合拳の鶏歩と、宋氏形意拳の六合歩では、主に下腿三頭筋がダウンフォースを造ります。

*心意六合拳の弓歩では、主に内転筋がダウンフォースを造ります。

*ダウンフォースは、浮き上がる力を制圧します。しかし、墜落するための力ではありません。だから、沈墜勁や十字勁ではありません。ダウンフォースは常に効いています。だから、発勁動作ではありません。

*ダウンフォースですから、当然、地面を蹴ることはできません。地面を蹴ることは、文字通り、浮き上がることです。すなわち、ジャンプすることです。これが、ランニングとウォーキングとなります。

*では、前進するためには何を使うのか? それは、自分の体重と姿勢の維持と重力となります。

*ダウンフォースは、自分の体重によって生じます。筋肉はそれを支えるためのもので、積極的に関わるものではありません。

*例えば、大腿二頭筋のダウンフォースは、低い一本足を支えるために生じます。だから、無意識に使っています。しかし、意識することによって、より姿勢が崩れにくくなります。

*姿勢の崩れとは、体重が前後することです。ですから、体重を前後させてはいけません。その姿勢から、勁力を引き出します。

*したがって、合気上げをしてはいけません。体重浴びせ=寄りかかり発勁をしていけません。それらは、姿勢の勁力を弱くしてしまいます。

*最後は、前腕の鷹爪が勁力を導き出します。だから、外勁力を用いることは無くなります。

*撃てないことは、浮き上がることによって生じます。その解決法を外勁力に頼るのではなく、姿勢のためのダウンフォースによって、制圧します。

*しかし、力は要りません。自分の体重があります。その体重にしたがうだけです。

*力はダウンフォースの障害となります。特に、肩の力、胸の力、腰の力、肘の力などがダウンフォースの障害となります。一番の障害は、肩の力です。

*突きにおける腕の伸縮は、不要となります。すると、突きは突きでなくなります。長い距離は不要となります。蹴りにおける膝の伸縮も不要となります。

*突きは、体幹で実行されます。蹴りも体幹で実行されます。すると、体幹の重さが使えるようになります。

*この時、体幹がバラバラでは使えません。そのために、体幹の絞り=龍腰を用います。

*体幹の絞りは、心意六合拳ではいきなり完成形を要求されます。そのために、体幹の絞りに無知な人は、身体を回転させてしまいます。肩と胸の力を使ってしまいます。腰を回転させてしまいます。その結果、勁力は死にます。

*宋氏形意拳では、体幹の絞りに過程運動があります。六合歩では、体幹の絞りは未完成なのです。(後ろ足が少し開いています。) 

*そのために、龍形基本功と、基本功としての熊の1号と2号が存在します。そのために、体幹の絞りを理解しやすくなっています。(私はそのために助かりました。) 

*龍形基本功を龍形拳の基本功として理解すると、失敗します。熊の1号・2号を、熊形拳の基本功として理解すると、失敗します。それらの基本功は、体幹の絞りとして存在しています。

*すると、心意六合拳の熊吊膀において、身体が回転することはあり得ません。全ての技において、身体が回転することはあり得ません。身体の回転、腰の回転は、技と勁力の崩壊を意味します。

*身体の回転、腰の回転は、直接には腹横筋によって阻止されます。これが、雷声の呼吸法となります。

*しかし、実際の闘いにおいては、呼吸にこだわってはいけません。呼吸は乱れてきますから、無理に合わせる必要はありません。腹横筋は、息を吐いた時も、息を吸った時も、常に使っていることになります。腹横筋と前腕の鷹爪だけは、リラックスする時がありません。

*実は、前腕の鷹爪を使わなくても「押す」ことはできます。しかし、すぐに限界が来ます。自分より少し重い相手には全く通用しなくなります。もちろん、「撃つ」ことはできません。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-03-15 01:24 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー