動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

勁力の生命線

*指行性というとランニングが有名です。蹠行性(せきこうせい) のヒトも、ランニングすると指行性になると言われています。(公園には、蹠行性でドタドタ走る中年のオジサンもいますが。)

*しかし、指行性ランニングでは姿勢の勁力が発生しません。何故でしょうか?

*ランニングは地面を蹴ります。地面を蹴るということはジャンプするということです。ジャンプすると身体は浮きます。身体が浮くと、勁力として利用できる体重が激減してしまいます。

*しかし、もっと大きな問題があります。

*地面を蹴ると、足首が伸びてしまいます。足首が伸びてしまうと、下腿三頭筋に掛かっていた体重が消えてしまいます。すると、下腿三頭筋は弛緩してしまいます。下腿三頭筋は空っぽとなります。これが勁力の死となります。

*地面を蹴らないで歩くためには、どうすればいいのでしょうか?

*そのためには、心意六合拳の鶏歩で、下腿三頭筋に体重が掛かっている状態を覚えることが大切です。宋氏形意拳の六合歩も同様です。

*そのためには、鶏歩で足首が折れ曲がっていなければいけません。鼠蹊部も折れていなければいけません。尻を出してはいけません。腹横筋で身体の中心を造ります。特に欲しいのが、足首のくびれと鼠蹊部のくびれ、となります。しかし、微妙にしゃがんではいけません。

*これらの姿勢の条件を満たします。原点は、足首に体重が掛かることです。足首は関節ですから、実際には下腿三頭筋が体重を支えることになります。

*鶏歩ができるようになったら、鶏歩のままで歩きます。足首が折れ曲がったまま、下腿三頭筋の感覚が消えないままで歩くことを覚えます。それが鶏行歩となります。

*ある程度、前へ傾いても、下腿三頭筋の感覚は消えません。しかし、ある一線を越えてしまうと、下腿三頭筋は空っぽとなります。だから、前のめりになってはいけません。

*だから、勢いに任せてはいけません。勢いを殺すような感覚が大切です。この境界線はとても微妙です。

*だから、毎日、鶏歩で下腿三頭筋の感覚を磨きます。ここが、姿勢の勁力の生命線となります。実際には、コーチの指導が必要となります。微妙な感覚なので、自分一人では、なかなか解決できません。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-02-25 05:45 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー