動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

延長されたダウンフォース

*心意六合拳の鶏歩を延長したのが鶏行歩となります。鶏歩の後ろ足は曲がったまま延長されます。

*鶏歩のダウンフォースも延長されます。鶏歩のダウンフォースは、後ろ足の下腿三頭筋です。宋氏形意拳の六合歩も同様です。下腿三頭筋のダウンフォースも延長されます。

*ところが、後ろ足が延長されますので、下腿三頭筋のダウンフォースだけでは間に合わなくなります。そこで、太もも裏の大腿二頭筋のダウンフォースが必要となります。

*大腿二頭筋のダウンフォースは、心意六合拳の弓歩で覚醒されます。覚醒されるはずです。

*ところが、長い間、いわゆる中国拳法を練習していた人は、大腿二頭筋を使用できません。ほとんどの運動は、太もも表の大腿直筋が担ってきました。その習慣性をひっくり返す必要があります。これは、たいへん困難です。

*これが、中国拳法出身者の高いハードルとなります。そのためにも、指行性ウォークがたいへんに重要となります。指行性ウォークで大腿二頭筋を覚醒させます。

*その後に、心意六合拳の弓歩を練習します。

*すると、延長されたダウンフォースが開発されます。ここで、未完成鶏歩ができるようになります。未完成鶏歩とは、ニワトリの一本足状態のことです。その時に、大腿二頭筋がたいへん活躍します。

*その瞬間に打撃すると、未完成鶏歩の搖閂把=鶏形展翅となります。

*太もも表の力と、胸の力が姿勢の勁力の障害となっています。胸の力とは大胸筋のことです。大腿直筋の使い過ぎと、大胸筋の使い過ぎとなります。

*これ何かに似ているなあ・・・と思っていたら、ゴリラとチンパンジーを思いだしました。ゴリラとチンパンジーの直立姿勢です。太もも表と胸の力で、バランスを取ります。

*四つん這いから直立する時に、太もも表と胸の力で起き上がるのです。初期人類も、そのように起き上がったと考えられます。となると、これは700万年の呪いです。

*姿勢の勁力は、700万年の呪いからの脱却を計ります。これはたいへんそうですが、意外と簡単です。胸の力は、腹の力に置き換えます。太もも表の力は、太もも裏の力に置き換えます。

*少なくとも原因と対策が解りました。私は原因も知らず、対策にも無知でしたが、自然に克服してしまいました。そのために、人の気持ちの解らない人間になりました。たいへん申し訳ありません。

*指行性ウォークは、延長されたダウンフォースを実現します。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-02-26 00:49 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー