「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

腹を左右横へ引っ張る

*「腹直筋で体幹を立てる」と、「腹横筋で腹を左右横へ引っ張る」とを合わせて十文字呼吸法と称しています。でもどちらかいうと、腹横筋で腹を左右横へ引っ張る、のほうが大切です。

*呼吸法というと、腹を膨らませたり凹ませたりする人がいますが、どちらも間違いです。腹は膨らませる必要は無いし、凹ませる必要もありません。まして、逆腹式呼吸法なんて愚の骨頂です。

*一般向けの人体本を見ると、腹の横に左右、腹横筋があります。その図のままに横へ引っ張るだけです。すると、ヘソの左右に二つ力点が現れます。それは、腹と腰を一周して、腰方形筋も膨らみます。 チャンピオンベルトを巻いたみたいになります。(結果としてヘソは少し凹みます。あくまで結果として、です。)

*心意六合拳の師匠から、「排打功の呼吸法と雷声の呼吸法と発勁の呼吸法は同じ」と教わりました。

*雷声は腹の底から声を出します。演劇の訓練を受けた人なら、簡単にできます。演劇も腹の底から声を出します。狂言師の声は200メートル先まではっきりと聞こえるそうです。狂言の発声法も雷声に近いものがありそうです。

*排打功は、師匠から三節根排打功の演武を命令されました。そこで、日本に帰国してから、各地の演武会でやらせてもらいました。三節根を束ねて、腹・脇腹・背中を打たれます。

*一番最初は、逆腹式呼吸法を試してみました。すると、もの凄いダメージをもらってしまいました。胃袋の辺りがキューと収縮して、その日一日気持ち悪くなりました。もちろん、演武会ですから、平気な顔をしていました。内心はヒヤヒヤです。

*それで逆腹式呼吸法は使えないとはっきりしました。弱い打撃には耐えられても、強い打撃には耐えられません。

*それから、工夫して、腹横筋呼吸法にしてみました。それからは、青いアザ、赤いアザ、黒いアザの三色痣はできても、ダメージはもらいませんでした。打撃が内部まで浸透しません。

*すると、心意六合拳の起勢ができるようになりました。それまでは、師匠のような起勢がどうしてもできませんでした。

*要するに、腹だけ使えばいいのです。すると、肩と胸の力が抜けました。やっと、腹が身体の中心になりました。

*これで、排打功の呼吸法、雷声の呼吸法、起勢の呼吸法、鶏歩の呼吸法、弓歩の呼吸法、発勁の呼吸法、全てが同じになりました。

*排打功で学んだことは、息を吐く時も、息を吸う時も、腹横筋を使いっぱなしにする、ということです。

*相手と順序を決めておいても、呼吸が合わない時もあります。息を吸う時に、腹横筋が緩んでいると、一発KOされてしまいます。そのために、いつも腹横筋は使うようにします。これは、試合でも同様です。

*前のめりになると、指行性勁力は死んでしまいます。下腿三頭筋にあった体重が抜けてしまうからです。そのためにも、腹直筋で体幹を立てます。これも、いつも使うようにします。

*結局、腹横筋も腹直筋もいつも使っているようにします。すると、肩の力も胸の力も抜けてきます。腹が身体の中心となります。

*すると、いわゆる含胸拔背も沈肩墜肘も必要なくなります。

*しかし、腹横筋はかなり強烈に意識しないと動いてくれません。だから、排打功が手っ取り早いのです。練習仲間に腹を殴ってもらいましょう。自然と腹横筋が動くようになります。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-03-02 04:57 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー