「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

体幹のダウンフォース

*宋氏形意拳でダウンフォース がみごとなのは、趙川輝先生です。ネットに動画がありますから、ぜひ見てください。(中には宋氏形意拳でも浮いている先生もいますので、比較すれば、違いが解るはずです。)

*心意六合拳でダウンフォースを見たかったら、虎鷹拳院に遊びにおいでませ。私が見せてあげます。前鋸筋から始まるダウンフォースです。

*この前鋸筋から始まるダウンフォース、心意六合拳の鉄牛耕地もそうなんですけど、決め手は宋氏形意拳の熊の1号なんです。宋氏形意拳の基本功が無かったら、私の心意六合拳は中途半端なものになっていました。

*宋氏形意拳には、体幹の絞りについての基本功がありました。心意六合拳はいきなり完成形を求められるので、失敗する人も珍しくありません。

*宋氏形意拳では、熊の1号について整理されていないので、それが問題となります。一番最初にガツンと教えてくれた宋光華先生に感謝しています。

*実は、宋氏形意拳の熊の1号と心意六合拳の熊吊膀は同じものなのです。それを知る者は、宋氏形意拳と心意六合拳を学んだ私しかいません。

*私も、心意六合拳の起勢ができませんでした。なんか、師匠のようにはできません。ある日、肩と胸を使わずに腹だけ使えばいいのだ、と気付きました。

*その時、大胸筋はもちろん使わないのですが、代わりに前鋸筋を使います。すると、脇腹が少し膨らみます。それは、前鋸筋の膨らみなんです。

*体幹の絞りは前鋸筋から始まり、反対側の鼠蹊部へ達します。

*そして、足首が折れ曲がることによって、体重は足首へ降りて来ます。

*体幹のダウンフォース=体幹の絞りと、足のダウンフォース=指行性勁力が合体します。

*これは、心意六合拳の弓歩を見ると、よく解ります。

*ところが、太もも表=大腿直筋で弓歩を造る人にはできません。太もも表は、ダウンフォースを邪魔するのです。その結果、浮くことになります。

*その場合、蹠行性勁力としては、墜落するしかありません。それが、沈墜勁や十字勁や震脚となります。発勁動作が生じるのです。このほうがヒトとしては自然です。ヒトは元来、蹠行性ですから。

*浮いてしまうともう、姿勢の勁力は崩壊します。つまり、姿勢の勁力としては、ダウンフォースは常時効いているということになります。それが、心意六合拳の鶏行歩です。肉球(趾球と足指) で歩きます。

*心意六合拳の拳譜は、ダウンフォースを詩的に表現しています。その想像力を用いると、格段と進歩します。

天空に把っ手が無いことを恨む
把っ手があれば天空を引きずり降ろしてくれるものを 
・・・(鷹捉・鷹抓把や単虎抱頭・虎抱頭・双虎抱頭を想像させます。)

大地に輪っかが無いことを恨む
輪っかがあれば、大地を持ち上げて歩むものを 
・・・(鶏行歩を想像させます。)
[PR]
by tiger-hawk | 2016-03-05 00:39 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー