動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

陰にして裏の勁力

*体重移動してはいけません。体重移動すると、姿勢の勁力は消えてしまいます。

*え? 体重移動するから撃てるのであって、体重移動しなかったら、撃てないのでは?

*その逆なのです。なぜなら、体重移動すると、心意六合拳の鶏歩は、弓歩は、宋氏形意拳の六合歩は、崩れてしまうからです。

*姿勢が崩れてしまうのです。だから、体重移動すると勁力は消えてしまいます。

*姿勢が崩れると、身体が浮いてしまい、ダウンフォースも消えてしまいます。

*では、体重移動しないで撃つにはどうしたらいいのですか?

*それは前腕の鷹爪だけで撃つのです。すると、最後に動くのは、前腕だけです。すると、姿勢は崩れません。だから、姿勢の勁力が発生します。

*ところが、ここに大きな落とし穴があります。そのために、多くの人が姿勢の勁力に気がつきませんでした。そんなものは信じられませんでした。

*それは、太もも表=大腿直筋のことです。大腿直筋主体で、心意六合拳の鶏歩を造ると、弓歩を造ると、宋氏形意拳の六合歩を造ると、もはや、姿勢は崩れているのです。体重移動が完了してしまっているのです。

*武術の基礎といわれる馬歩は、大腿直筋主体に造られています。普通の中国拳法の弓歩は、大腿直筋主体に造られています。心意六合拳の鶏歩も、形意拳の三体式も、大腿直筋主体に造られていることが多いのです。

*こうなると、はじめから姿勢の勁力は発生しません。特に、中国拳法経験者はその傾向が強くなっています。

*姿勢の勁力は、裏側のフクラハギなど下腿三頭筋主体に造られます。さらに、太もも裏の大腿二頭筋、内側の内転筋、内側広筋など、裏側と内側の筋肉が支えます。

*姿勢の勁力は、裏の勁力だったのです。ここを理解できないと、姿勢の勁力は造られません。

*まずは、体重移動してはいけない、ということを理解しなければいけません。ここは一般の人が理解できないことです。

*さらに、最後は前腕の鷹爪だけで撃ちます。蹴りならば、裏の下腿三頭筋と大腿二頭筋だけで蹴ります。ここも理解しがたいところです。

*そして、太もも表ではなく、裏側の下腿三頭筋と太もも裏の大腿二頭筋、主体で姿勢を造ります。さらに、内側の内転筋、内側広筋が支えます。ここが一番、理解しがたいところです。

*特に、中国拳法経験者にとって、頭の痛い問題となります。もはや、習慣となっている人には、難しい問題となります。

*表の勁力とは、沈墜勁など発勁動作のある勁力です。姿勢の勁力は、裏の勁力です。あるのは姿勢だけで、発勁動作はありません。陰陽でいえば、陽が表の勁力で、陰が裏の勁力です。

*ところで・・・腕立て伏せは止めましょう。腕立て伏せをやっていると、永遠に肩の力は抜けません。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-03-09 06:52 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー