「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

前腕だけで撃つ

*最後は・・・前腕だけで撃て ! それが姿勢の勁力です。

*インチキだとか・・・妄想だとか・・・言われているフジマツの姿勢の勁力ですが・・・

*「姿勢の勁力はあります ! 」・・・なんか、小保方さんみたいになっちゃった・・・プププ

*え? その存在証明をしてみせろ? イヤですよ、そんなもん。メンドー臭いじゃないですか。どうせ、動画を見せてもヤラセだ、と言われるだけです。

*信じられない人は、虎鷹拳院に遊びにおいでください。開進第一中学校体育館でお待ちしております。

*でも、けんか腰の人はお断りします。良い子はケンカしてはいけません。

*オッサン武術クラブでは、安全第一で練習しております。ビッグ・ミットは危険なので捨てました。過去にけが人出しました。ごめんなさい。今はパンチング・ミットだけです。

*かなり以前のことですが、どうしても体重移動してしまう人がいました。わずかに前のめりになってしまうのです。地面を蹴ってしまうのです。体重浴びせ=寄りかかり発勁ですね。

*でも、当時の私は彼を説得できませんでした。そして、彼は去って行きました。とても、残念でした。申し訳ありませんでした。今はある古武道で元気に過ごしているらしいです。よかったです。

*姿勢の勁力の詰めが甘かったのです。今は、詰めがちゃんとしています。

*最後は・・・前腕だけで撃つ、のです。姿勢は動きません。上腕は用いません。鷹爪の前腕です。鷹爪の前腕だけで撃ちます。

*つまり、前進して撃つ時も、厳密には時間差があります。目には見えませんが、時間差があります。ほんの一瞬ですけど、先に歩型が完成します。歩型が完成した瞬間に撃ちます。前腕だけで撃ちます。すると、体重移動することがありません。

*でもこの時間差、自分でも認識できない位のレベルです。だから、気にする必要はありません。

*蹴りは? 蹴りは、最後は足首だけで蹴ります。足首だけということにすると、結局、下腿三頭筋を用いることになります。

*心意六合拳の鶏歩は、最後は足首だけで立ちます。心意六合拳の弓歩は、最後は足首だけで立ちます。宋氏形意拳の六合歩は、最後は足首だけで立ちます。

*足首だけで立つと考えると、結局は、趾球と足指を用いることになります。指行性になります。指行性になると、下腿三頭筋を用いることになります。

*指行性なのに、足首だけで立つ、とはおかしな話しなんですが。ヒトの骨格は蹠行性なので、そのようになります。ハイ、矛盾しています。骨格が違うので、妥協の産物なんです。

*足首だけで立つと、足指・趾球ー足首ー下腿三頭筋という勁力トライアングルができ上がります。ネコやイヌの後ろ足を見てください。踵に相当する関節のところで曲がっています。ヒトの足首も折れ曲がります。そして、地面から少し離れます。それが、心意六合拳の鶏歩です。

*宋氏形意拳の六合歩では、わずかに踵が地面に触れています。そのために、鶏歩よりももっと、足首の折れ曲がりが要求されます。もちろん、鼠蹊部の切れ込みも要求されます。これは鶏歩と同じです。

*拳も掌も技も、最後は、鷹爪の前腕だけで撃ちます。すると、姿勢は崩れません。すると、姿勢の勁力が発生します。

*となると、鷹爪の拳が、鷹爪の掌が、鷹爪の前腕が、できることが前提条件となります。ここはぜひ、獲得してください。ここが出発点です。

*腕の打撃も、肘の打撃も、全ての打撃は鷹爪が前提条件です。体幹の勁力は、鷹爪と腹で完成します。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-03-11 07:25 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー