動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

延長する後ろ足

*こんにちわ、インチキで妄想家のフジマツです。プププ

*心意六合拳を教えていて、いつも壁になるのが、鶏行歩です。鶏行歩は鶏歩の延長なんですが、これが理解できないみたいです。

*鶏歩の延長ということは、鶏歩の後ろ足の下腿三頭筋が延長されるということです。

*つまり、後ろ足は延長されます。これがなかなか理解できないようです。まあ、私はヘンタイなので、誰に教わるということもなく、理解してしまいました。でも、普通の人はヘンタイではなく普通の人なので、理解できません。

*はっきりいうと、鈍い。プププ 限りなく鈍い。何処が鈍いかというと、後ろ足の下腿三頭筋が鈍い。

*鶏歩で、後ろ足の足首は折れ曲がります。すると、下腿三頭筋に体重が降りてきます。これが、勁力の降臨ということです。

*まずは、この下腿三頭筋の感覚に覚醒しなければいけません。しかし、地面を蹴ってしまうと、この感覚は全く感じられません。ところが、みなさん地面を蹴ることが大好きです。それが勁力だと、骨の髄から信じて疑いません。だから、無意識に地面を蹴っています。

*もちろん、私は騙されませんでした。私は匂いで解るんです。こいつは勁力ではない、と感じるんです。

*というか、師匠の後ろ足を観察すると、後ろ足が延長されます。地面を蹴ることがないので、なかなか地面から離れません。とにかくしつこいんです。鶏歩がそのまま延長されます。

*延長された後ろ足は、伸びきることがありません。つまり、弓歩状態になりません。普通の人は地面を蹴るので、弓歩状態になります。

*これは、ランニングの後ろ足と同じです。ランニングは地面を蹴るので、後ろ足は即時に地面を離れ、空中で弓歩状態になります。

*心意六合拳の技では、後ろ足は地面を蹴らないので、しつこく地面に触れています。その膝の裏は曲がったままです。膝が伸びることはありません。

*そして、体重は後ろ足の下腿三頭筋に載ったままなのです。普通の人は、すぐに後ろ足の下腿三頭筋にあった体重が空っぽになってしまいます。体重は宙に浮いてしまいます。

*何気なく前進してしまうと、後ろ足は空っぽになってしまいます。これで、指行性勁力は死にます。早々と死にます。そうなると、寄りかかり発勁とか、沈墜勁とか、震脚とかを使うしか無くなります。

*鶏歩をだんだんと大きくしていく、という練習を取り入れてみます。だんだんと大きくするけれど、下腿三頭筋にある体重を逃がさない、絶対に逃がさない、しつこく食い下がる、という練習です。これでたぶん、理解できるはずです。

*後ろ足の下腿三頭筋が体重のストーカーになります。自分で、自分の後ろ足の下腿三頭筋が、自分の体重のストーカーになります。自分の後ろ足の下腿三頭筋と、自分の体重は、別人格、というわけです。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-03-12 03:59 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー