動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

勁力の始まり

(昨日の体育館から)

*体重を勁力へ変換するためには、何をしなければならないのか?

*実は、何にもしなくていいんです。だって、体重=エネルギー(勁力) ですから。

*だから、沈墜勁などの発勁動作は、動物武術では要りません。そのことに無知だと、別にエネルギーを発生させる必要があります。それが発勁動作です。あるいは、寄りかかり発勁=体重浴びせ、となります。

*しかし、何もしなくていいといっても、ある一つの姿勢の条件が必要となります。

*それは、一本足の下腿三頭筋に体重を積載することです。

*そのために、心意六合拳の鶏歩は存在します。宋氏形意拳の六合歩も同様です。

*たった一つの条件です。鶏歩では、後ろ足の下腿三頭筋に体重を積載します。もし、できていれば、そのままで撃てます。

*したがって、まずはその感覚・・・後ろ足の下腿三頭筋に体重を積載した感覚を学習します。それが、第一歩です。ダウンフォースの元は、下腿三頭筋に積載した体重です。

*しかし、歩く必要があります。移動する必要があります。鶏行歩でも、技でも、歩きます。その時は、後ろ足が前足になり、前足が後ろ足になります。左右の足が交替します。

*ということは、どちらかの足の下腿三頭筋に体重が積載している状態を作り出す必要があります。一本足状態で下腿三頭筋に体重を積載する必要があります。

*その感覚を学習する方法が、心意六合拳には備わっています。最初からあります。

*それは、鶏歩の前足を上げて一本足状態になることです。

*いきなり、歩いてはいけません。最初の動作は、前足を高く上げることなのです。

*ここで大切なことは、後ろ足は全く変化しないことです。後ろ足は全く動きません。ただ、前足だけが上がります。ここが抜けると、全ては崩壊します。

*そのことの練習をしました。鶏歩から、後ろ足は変化しないで、前足だけ高く挙げます。これだけ練習します。

*試しに、その前足を降ろして鶏歩になり、目の前の相手を押してみます。軽く押せたら成功です。

*ところで、移動距離を長くするためには、地面を蹴ってはいけません。では、どうすればいいのでしょうか?

*それは、足首が折れ曲がることです。つまり、ここでも、一本足の下腿三頭筋に体重を積載するということです。

*鶏歩から、後ろ足は変化することなく、前足を高く上げます。これが、勁力の始まりです。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-03-17 04:11 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー