「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

構造は龍形基本功

*動物武術の構造は、宋氏形意拳の龍形基本功です。

*その両腕を広げたポーズが、身体の根本構造となります。

*その両腕の外側と背中に一本の張りを造ります。

*両腕が狭まれば、形意拳の虎形拳となります。心意六合拳の虎撲となります。(太極拳の双按となります。)

*両掌を両拳にすれば、心意六合拳と形意拳の馬形拳となります。馬形拳は、片拳を前にしたものもありますが、それは、両拳の位置がズレているだけで、両腕と背中の張りは同じです。

*同様に、両掌を片掌にしても、両腕と背中の張りは同じです。それは心意六合拳の猴形単把となります。搖閂把となります。宋氏形意拳の劈拳となります。(太極拳のロウシツヨウホとなります。)

*ということは、龍形基本功は宋氏形意拳の六合歩(三体式) の腕形となります。そして、心意六合拳の鶏歩の腕形となります。

*いわゆる中国拳法では、胸を縮めて張りを造ります。これを含胸拔背と称します。これは間違いです。胸を縮めてはいけません。胸を縮めるにせよ、広げるにせよ、大胸筋を使ってはいけません。

*拳を正中線に沿って出してはいけません。とても弱い構造となります。形意拳の崩拳は、見た目、正中線に従っているようですが、それは錯覚です。実は、体幹が一つになって動いているだけです。

*両手をまっすぐに前に出してみましょう。その両手の指先を身体の前で合わせてみます。それが拳の軌道となります。それが人体の構造だからです。

*拳を正中線に沿って出すことは、人体の構造に反します。

*拳は身体の中心から出すのではなく、身体の中心へ向かうのです。

*それだけだと弱いので、体幹の絞りを用います。脇腹の前鋸筋から反対側の鼠蹊部へ向かって切り込みます。体幹の絞りは、左右の両線となります。これが、いわゆる龍腰・龍身ということになります。

*体幹の絞りについて無知だと、身体は開いてしまいます。動物武術に開合は存在しません。常に体幹の絞りを用います。

*体幹の絞りについて無知だと、心意六合拳の起勢は、鶏歩は、肩と胸を用いて開いてしまいます。熊吊膀は両手を振り回す結果となります。

*拳を腕の伸縮で成立させるのではなく、拳の構造で成立させるのです。掌も同様です。つまり、拳も掌も、龍形基本功の腕形となります。

*打撃は、身体の構造で撃ちます。その構造とは、龍形基本功のことです。

*胸を縮めるのではなく、胸を広げるのでもなく、胸は用いません。同様に、肩は用いません。

*胸と肩の代わりに、前鋸筋を用います。腹横筋を用います。それが強い構造を造ります。その強い構造で撃つのです。拳や掌で撃つわけではありません。肩で撃つわけではありません。

*この構造を、心意六合拳の一本足の平起平落鉄牛耕地で強化します。

*腕立て伏せでは、肩が出てしまいます。肩が出てしまうとは、大胸筋を使っているということです。たとえ、両手を狭めても同じ構造となります。つまり、効果が無いばかりでなく弊害があります。腕立て伏せは止めましょう。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-03-25 02:14 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー