動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

伝統思想を捨てて動物の生態に学びます

*姿勢を造れば、勁力が発生します。しかし、そんな話しはちょっと信じられません。

*そもそも動作が無ければ運動は発生しません。だから、発勁動作が必要となります。体重移動が必要となります。その体重移動が姿勢の勁力を殺します。

*常識的には、沈墜勁、十字勁、纏絲勁、震脚、開合、などの発勁動作が必要となります。

*もちろん、姿勢の勁力にも動作は存在します。発勁動作ではありませんけど。

*その動作とは、後ろ足の下腿三頭筋に体重を積載することなのです。 これで勁力が発生します。これが体重移動してしまうと、他に移動してしまいます。結果、下腿三頭筋は空っぽになります。これが、姿勢の勁力の死です。

*それが、心意六合拳の鶏歩と弓歩の本質です。宋氏形意拳の六合歩の本質です。

*そのために、足首は折り曲がります。結果的に指行性となります。

*しかし、指行性になれば勁力が発生するわけではありません。

*ランニングは指行性で地面を蹴ります。ウォーキングは蹠行性で地面を蹴ります。

*心意六合拳の鶏行歩は、指行性で地面を蹴りません。左右の足が交替するだけです。その時の一本足時間を大切にします。それがニワトリの一本足時間となります。その足は指行性です。

*地面を蹴ることが、発勁動作に繋がります。というか、発勁動作そのものです。地面を蹴ることが、姿勢の崩壊に直結します。

*姿勢の勁力は、地面を蹴らないことから始まります。だから、ニワトリの一本足時間なのです。

*そして、最後は前腕の鷹爪で撃ちます。これによって、姿勢の崩壊はあり得ません。(但し、最後まで肩を使わないことが大切です。肩で当たる時も、肩を使いません。それが心意六合拳の熊吊膀です。そして、宋氏形意拳の熊の1号です。)

*もしも、姿勢の勁力が存在しないのなら、辛い鶏歩や六合歩(三体式) をやる必然性がありません。

*鶏歩や六合歩で立って、辛い思いをする必要は全くありません。無意味な練習です。鶏歩や六合歩の存在理由は、姿勢の勁力があればこそ、なのです。

*それが心意六合拳や宋氏形意拳の存在理由なのです。もし、発勁動作が欲しいのならば、他の武術流派を練習すればいいのです。心意六合拳や宋氏形意拳を練習する必要はありません。

*この辺りの問題は、中国でも整理されていません。今のところ、日本の虎鷹拳院が最も進歩的なのです。中国でも日本でも、使い道の無い伝統思想が邪魔をしています。

*心意六合拳には、素朴な動物生態論がありました。これが救いの道でした。回族はイスラームを信仰する少数民族です。そのために漢族の伝統思想に犯されることがありませんでした。その伝統思想とは儒教です。(漢族に伝わった心意六合拳には、余計な伝統思想が導入されたようです。)

*中国の伝統思想を捨てて、動物の生態に学びます。

*ついでに、中国武術の共同幻想も捨ててしまいます。中国武術という武術流派は存在していません。中国武術は幻想です。中国武術とは、1970年代に中国共産党政府によって政策として作られました。それは全国武術比賽(全中国武術表演大会) として具現化しました。

*国家も共同幻想ですが、権力の裏付けがあります。それは、直接には暴力装置としての警察と軍隊です。警察は国内向け、軍隊は国外向けの暴力装置です。しかし、中国武術には暴力装置が存在していません。武術権力はあっても、とても曖昧な存在です。だから参加しなければ、無視できます。

*日本における中国武術の共同幻想は、中国武術雑誌によって作られました。ところが、今やその中国武術雑誌も存在していません。共同幻想の立つ所も無くなりました。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-03-26 04:21 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31