「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

防御も攻撃も体幹の絞り

(昨日の体育館から)

*体幹は雑巾のように絞れ ! ・・・心意六合拳の猴縮身の防御=猴抱頭(サルが頭を抱える) をやってみました。

*そこから、パンチングミットでサルパンチの練習をしてみました。平行立ちから変形鶏歩になり、左右へ撃ちます。もちろん、下腿三頭筋に体重を積載します。

*防御も攻撃も体幹の絞りです。肩も胸も使わず、前鋸筋から反対側の鼠蹊部へ向かって絞ります。これが、形意拳と心意六合拳がいうところの龍腰です。龍=ワニ=爬虫類の体幹です。(これは妄想家フジマツが解明しました。)

*みんなまだ絞りが不十分なので、心意六合拳の龍形挿把をやってみました。

*体幹の絞りで、身体と勁力が凝縮します。そして、凝縮したまま前腕の鷹爪で撃ちます。

*この凝縮を心意六合拳では縮身と称します。縮身とは体幹の絞りのことです。

*典型的なのが、心意六合拳の弓歩です。

*後ろ足は、足首と下腿三頭筋から太もも裏=大腿二頭筋を内側へ絞ります。

*体幹は前鋸筋から鼠蹊部へ向かって、後ろ足とは反対側へ絞ります。後ろ足と体幹は、絞りの方向が逆となります。

*こうして、身体は凝縮されます。勁力は内側へ集まります。そのまま鷹爪で撃ちます。

*心意六合拳では、体幹の絞りを完成させてから撃ちます。宋氏形意拳では、体幹の絞りの過程があります。だから、宋氏形意拳の六合歩は体幹の絞りが未完成です。心意六合拳の鶏歩では、体幹の絞りが完成しています。

*心意六合拳のほうが単純となっています。

*宋氏形意拳の熊の1号は、体幹の絞りの過程を学ぶことになります。もちろん、腹横筋は横へ張ります。前鋸筋は収縮して膨らみます。・・・すると、前鋸筋と腹斜筋が繋がります。(これはちくわさんが指摘していました。でも、意識しなくても繋がります。)

*この前鋸筋は鉄牛耕地で造ります。肩を使わず、肩の代わりに前鋸筋を用います。すると、肩が落ちてきます。肩のハンガーが取れます。そして、前鋸筋と前腕が直結します。ここが大切です。

*防御も攻撃も体幹の絞りです。身体を凝縮させます。これが、心意六合拳のいうところの渾身拳・周身功となります。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-03-27 04:07 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー