「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

閉じられた勁力

*心意六合拳と宋氏形意拳の勁力の根本は、後ろ足の下腿三頭筋に体重を落とすことです。これはいわゆる沈墜勁とは違います。

*それは、立ち方の問題だからです。発勁動作ではありません。慣れて来ると、棒立ちでも撃てます。棒立ちでも、下腿三頭筋に体重が落ちているのです。つまり、常の状態=常態、ということです。だから爆発するような勁力は、動物武術にはありません。

*同様に、体幹の絞りとは纏絲勁のことではありません。纏絲勁は足下から腕へ勁力を伝える図が有名ですが、心意六合拳と宋氏形意拳には勁力の伝達という概念がありません。

*つまり、勁道の概念はありません。勁道ではなく、勁力の身体=勁体を造ります。これが心意六合拳のいうところの「渾身拳」となります。拳=渾身、という関係性です。

*渾身拳のために、体幹を絞ります。これは、心意六合拳の弓歩が典型的です。下半身は、正面へ向かうように絞ります。足首から下腿三頭筋、そして大腿二頭筋へと絞ります。すると鼠蹊部が開くことはありません。鼠蹊部は閉じられます。

*そして、上半身は半身になるように絞ります。これを普通は、肩と胸を使ってしまいます。それが間違いの元です。

*肩と胸ではなく、腹横筋と前鋸筋で半身となります。順歩の半身も逆歩の半身も、腹横筋と前鋸筋で造ります。

*弓歩の半身は順歩となります。すると、絞りの方向が、下半身と上半身で逆方向となります。まるで、雑巾を絞るようです。

*ところで、昨日、翻子拳を習いたいとの見学者が来ました。私は翻子拳の専門ではありませんが、希望があれば教えます。あまり得意ではありませんけど。

*翻子拳は、身体がうねるように動きます。これは、体幹のうねりです。こちらのほうが龍身の言葉そのものです。大きな龍が空中を泳ぐようです。体幹の絞りとは、全く違います。

*この体幹のうねりは、劈卦拳から来ています。馬家の翻子拳も八極拳も劈卦拳でできています。劈卦拳といえば、沖縄の天才・古謝先生です。まさに龍のように体幹がうねります。私にはとても無理です。才能が違います。(劈卦拳は全身が疲れます。それは体幹のうねりから来ています。心意六合拳は体幹の絞りなので、それほど疲れません。劈卦拳よりも楽です。)

*体幹の絞りについては、最近自分の教え方が進歩したので、昨日の見学者さんも、すぐに心意六合拳・弓歩で勁力が出ていました。本人の性格も素直だったので、教えるのは楽でした。腕力を使わずに、楽々と目の前の相手を押していました。フニャフニャでも押せます。

*実はこれが、宋氏形意拳のフニャフニャ崩拳となります。実際に撃つ時は、これに前腕の鷹爪を加えます。すると、強いコブシが造られます。でも、上腕と肩はフニャフニャです。なお、他の形意拳・崩拳については、知りません。私の守備範囲ではありません。

*指行性勁力は立ち方の問題ですから、常態の勁力です。沈墜勁などの発勁動作ではありません。

*動物武術の体幹の絞りは、纏絲勁とは違います。体幹の絞りが心意六合拳の渾身拳となります。そして、劈卦拳の体幹のうねりとは全く違います。体幹の絞りは、とても地味です。見ても解りません。それは閉じられた勁力だからです。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-03-31 05:34 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー