動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

姿勢構造を替えます

*最近、脇にモノが挟まっているフジマツですが、これが背中から繋がっていることを発見しました。え? もっと早く気付けよボケ ! 申し訳ありません。

*で、半身を造る時に、前鋸筋から造ることを心がけています。しかし、最初は、半身を腹横筋から造ることに心がけてください。腹横筋が前提条件です。その上で前鋸筋を使えるようにします。腹横筋の上に前鋸筋を乗っけるような感じです。餅を重ねるようなものです。

*これに背中が繋がると、宋氏形意拳の龍形基本功の身体となります。龍形基本功は、前腕の外側の張りが上腕三頭筋から背中に繋がっています。前腕の外側から背中の僧帽筋へ、背中から前鋸筋へ、前鋸筋から腹横筋へ、という構造になります。これが、心意六合拳の渾身拳の身体です。私が以前、虎背と称していたものです。

*宋氏形意拳の龍形基本功と心意六合拳の渾身拳は同じものです。この身体で、心意六合拳の虎撲が生まれます。宋氏形意拳の崩拳が生まれます。

*普通の人は、半身を肩と胸で造ります。典型的なのが、心意六合拳の起勢と鶏行歩です。自然に任せていると、肩と胸を使ってしまいます。腕立て伏せも肩と胸で実行します。

*平起平落鉄牛耕地は、肩と胸に替わって前鋸筋と腹横筋を使います。上腕二頭筋に替わって前腕の筋肉を用います。

*これらのことは、かなり意識を集中しないとできません。以前の習慣を変えることだからです。

*心意六合拳の弓歩では、足首から下腿三頭筋へ,下腿三頭筋から大腿二頭筋へ、内側へ絞ります。

*弓歩は順歩なので、体幹は後ろ足と反対側へ絞ります。絞りは、腹横筋と前鋸筋で実行します。

*これだけで勁力が出ます。肩と腕の力を抜いて、相手を軽く押すことができます。力感が全くありません。力感が欲しい人は肩を使ってしまいます。

*姿勢の勁力は、力感の無い発勁です。発勁というと、普通の人は力感を求めます。力感が無いと不安になります。その不安が姿勢勁力の邪魔をします。

*力感が無いといっても、もちろん気ではありません。姿勢勁力は、姿勢構造を替えてしまいます。それが、宋氏形意拳の龍形基本功です。心意六合拳の平起平落鉄牛耕地です。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-04-06 06:32 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー