「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

隠された虎の爪

*弓歩とか、馬歩とか、三体式(形意拳) とか、鶏歩(心意六合拳) とか、立ち方を練習しても、それだけでは発勁できません。それとは別に、沈墜勁だとか震脚だとかの発勁動作を加える必要があります。

*普通の武術では、そうなります。発勁動作が必要です。しかし、動物武術としての宋氏形意拳と心意六合拳ならば、立ち方を習得するだけで勁力が出ます。

*なにしろ、最後には前腕の鷹爪で撃つだけですから。蹴りならば、趾球と足首で蹴るだけです。(腕の伸縮や脚の伸縮で撃ってはいけません。)

*しかも、心意六合拳の弓歩ならば、初めての人でも、その日に勁力が出ます。個人差がありますけど。

*先日、超不器用なサンダーさんを、手取り足取りで修正してみました。すると、心意六合拳の弓歩で勁力が出てました。最後は肩を使ってしまい失敗しましたが、それ以外は成功です。まだ安定していませんけど。

*サンダーさんが成功したので、誰でも成功するということが証明されました。簡単ですね、姿勢の勁力は。

*もっとも、心意六合拳の鶏歩となると、膝で立ってしまう人も多くて、難しくなります。後ろ足の膝に体重がかかるのか? それとも下腿三頭筋か? は外見からは判断できません。とても微妙な調整が必要となります。そこで、ここでも不肖フジマツが手を貸すことにしました。

*鶏歩でがんばると、地面を蹴ってしまいます。すると、足首が緊張します。足首は緩めることが必要なんですけど。足首が緩まると、足首は折れ曲がります。すると、下腿三頭筋に体重が降りてきます。これで、基本的条件を満たします。もう勁力は存在します。

*体幹の絞りについては、受け入れない人もいます。体幹の捻り、と勝手に翻訳する人もいます。実は、翻訳する人が最高に難物となります。素直ではありません。これは、性格がいい悪い、とは無関係です。

*自分の体感したことの無いことは、受け入れたくない、ということです。頑固なんですね。その頑固だということも認めたくありません。自覚できないという症状です。でも悪い人ではありません。自己認識できないということです。これなんか、「もう一人の自分を造る」が有効なんですけど。もう一人のあなたが、あなたを観察します。採用してくれませんが。

*なお、見学者でも馬鹿にする目的で体育館に来る人には、教えません。私たちが鉄牛耕地していると、「腕立て伏せなら得意だ」とガンガンやっている人がいました。私は、なるほど力があるねえ、と感心していました。もちろん、鉄牛耕地は教えません。凄いですねえ、なんてものです。

*確かに、腕立て伏せでした。肩が出て腹が落ちていました。あれだと、腹横筋も前鋸筋も使えません。でも、本人はドヤ顔ですから、それを尊重しました。プライドが高い人は、メンドー臭いですからねえ。争いごとは嫌いです。龍形基本功もズレまくっていました。・・・南無阿弥陀仏・・・

*姿勢の勁力は、格闘技的発想の人には向きません。格闘技だと試合があるので、ゆっくりと姿勢を造って修正して、なんてやってられません。間に合いません。

*パンチだって、肩を使えばすぐに撃てます。体重移動を使えば、すぐに有効になります。なんで、わざわざ体重移動を禁止するのか、全く理解できません。それはその通りなので、格闘技的発想の人は、他の道場がいいと思います。

*私としては、パンチの応酬なんて発想は全くありません。パンチ合戦だったら、やはりボクサーが一番です。どんな武術も敵いません。あるいは空手がいいでしょう。急所を撃つ? いえいえ、そんな簡単に撃たせてくれません。

*宋氏形意拳の崩拳(五行拳) も、撃てたとしても、いきなりは当たりません。当たる基本的条件を造る必要があります。

*心意六合拳では、相手の隙を狙ってはいけない、という教訓があります。相手の最も強いところを叩け、と教えます。つまり、相手のガードを叩け、と教えます。

*相手にブロックされたら、これ幸いと、ブロックを叩きます。最初から当てることを想定していません。一撃必殺? なにそれ、おいしいの? なんて世界です。

*ガードした相手の腕を折る? そんな人も虎鷹拳院にいましたが、そんな雑なことをやってはいけません。それは意図したことではありません。私の想定外です。

*ガードを叩くとは、相手の中へ入る、または外へ行くことの布石です。撃てる下地を造ります。横へ変化されたら、そのまま横へ撃ちます。そんな技も用意されています。

*そして、相手の身体に浸透させたかったら、撃ち抜かないことです。相手の身体表面に当たった時点で止めてしまいます。すると、衝撃は相手の身体に留まります。

*撃ち抜いてしまうと、衝撃は外へ抜けてしまいます。吹っ飛ばすことが目的ではありません。相手を真下に沈めるのが目的です。吹っ飛ばすのは、練習の方便です。そのほうが安全だからです。

*まして、一般的には、寄りかかり発勁=体重浴びせを用いますが、それは最低の方法です。手首発勁も最低の方法です。肩甲骨発勁なんて、悪い冗談です。関節で撃つことは想定していません。肘撃ちだって、前腕の鷹爪で撃ちます。

*前腕の鷹爪は、隠された虎の爪です。 ネコ科の動物は、爪を鞘に収めています。(チーターだけは例外です。あの人たちは速く走るために、スパイクのために爪を出し放しです。)

*動物武術は、持って生まれた身体を用いて撃ちます。付け加える発勁動作はありません。何もしなくていいんです。もちろん体重移動もしません。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-04-07 05:55 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー