「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

弱い力を用います

*武術というと、みなさん一生懸命にがんばるのですが、そんなにがんばらなくていいです。特に、動物武術としての心意六合拳と宋氏形意拳は、がんばらなくていいです。

*がんばるとは、強い力を使うということです。強い力は要りません。弱い力を用います。それも、全身の力は用いません。

*心意六合拳は渾身拳、なんていいますが、渾身の力を込める、なんてことはしません。渾身の力は要りません。

*「全身で撃つ」なんて表現する武術の先生もいらっしゃるようですが、インチキ・フジマツはそんなこと言いません。

*例えば、胸の力は要りません。つまり大胸筋は要りません。肩の力も要りません。肩甲骨グニャグニャもやってはいけません。肘の力も要りません。肘撃ちも肘の力は使いません。

*心意六合拳の熊吊膀は、肩が当たりますが、肩は使いません。肩を使う心意六合拳の先生もいますが、愚かなことです。脱臼の可能性があります。もちろん、有効な打撃にはなりません。見た目は勇ましいのですが。

*見た目の勇ましさというのは、自分を鼓舞するためのものです。あるいは、自分の意志を強固にするためのものです。または、相手を気迫で上回るためのものです。

*私はひれくれものなので、見た目の勇ましさというのはやりません。なんだか、メンドー臭い。それよりも、へらへらしています。闘志は内に秘める、というのが好きです。自分を実際よりも強く見せても、すぐにメッキは剥がれます。

*鷹爪の拳では、前腕の筋肉でコブシを握ります。時々、手首が曲がる人がいます。あれも強くにぎろうとして、失敗する例です。強い力を用いるからです。手首に強い力は要りません。弱い力で十分です。(手首発勁なんかやっていると、上達はしません。)

*鷹爪の拳で手首が曲がる人は、クソ真面目な人です。あんまり真面目なのも、困ったものです。(私は不真面目なんですが、これもこれで問題はあります。どうもすいません。)

*心意六合拳の鶏歩は、後ろ足に椅子があります。その椅子に座るだけです。椅子とは、後ろ足の下腿三頭筋です。足首は椅子のスプリングです。ショックをやわらげるために、足首のスプリングがあります。スプリングが強過ぎると、やはりショックがあります。弱いスプリングで十分なんです。

*宋氏形意拳の六合歩も同様です。リラックスして、後ろ足の下腿三頭筋に座ります。がんばる必要はありません。

*足首のスプリングが強いと、太もも表=大腿直筋で歩く鶏行歩となります。すると、ガチガチ鶏行歩です。つまり、ホンダのアシモ君です。アシモ君は完全蹠行性なので、ガチガチ鶏行歩となります。

*地面を蹴っていないつもりでも、足首のスプリングが強いと、同じ結果となります。

*足首のスプリングを弱くすると、足首は折れ曲がります。すると下腿三頭筋に体重が降りてきます。それで勁力が発生します。つまり、結果として勁力が発生します。がんばりは要りません。

*日本のロック・バンドのドラムスは、細い棒でガンガン強く叩きます。自分は頭が痛くなります。やけくそみたいな感じです。カントリー系のドラムスは、布を巻いた玉みたいなもので、ソフトな音を出します。(ステックも強く叩きません。)

*動物武術も弱い力を用います。ガンガンやる必要はありません。熊は軽く腕を出すだけで、相手を殺してしまいます。腕をブンブン振り回す必要はありません。つまり、猫パンチです。猫パンチで十分なんです。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-04-08 05:47 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー