「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

空中浮遊する人

*心意六合拳と宋氏形意拳の勁力失敗の原因は、その多くが、力の入れ過ぎ、です。力を入れ過ぎて、制御不能に陥ります。自分で自分の首を締めています。自殺行為なんですが、本人は全く気付きません。なにしろ、力を入れ過ぎていることに気がつきません。

*私も昔はガチガチで、肩も緊張していました。そこで、長拳基本功を見直してみました。とにかく、身体を伸び伸びとさせてみました。するとかなり効果がありました。

*そこからさらに、宋氏形意拳の五行拳で徹底的に力を抜いてみました。勁力よりもまずは、力抜きを徹底させました。この力とは、肩の力、胸の力、腰の力、太もも表=大腿直筋の力、などです。

*その上で心意六合拳を学びました。これが幸いしたようです。

*虎鷹拳院でもガチガチの人がいます。そこで、長拳基本功を少し取り入れてみようかと思いました。ところが、「それは心意六合拳ですか ! 」と強く反発されてしまいました。そこで、私はすぐにあきらめました。(あきらめの早いのが、私の悪い性格です。) 

*ふにゃふにゃ体操も見せてみたのですが、やる気ありません。これもあきらめました。武術の形以外は、やる気ないようです。

*長拳基本功の翻腰などは、心意六合拳と宋氏形意拳の鷂形拳に直接役に立つのですが、理解は難しいようです。肩の力を抜くのにも、いいと思うのですけど。

*そうした人は、やる気あります。とにかく真面目なんです。求道者です。私は不真面目なので、求道者でもないので、別に武術の形にこだわりはありません。がんばる気もありません。楽しければそれでいいんです。(下腿三頭筋に体重が降りれば、勁力が出ます。勁力が出れば楽しくなります。)

*姿勢の勁力も、先生に教わったものではありません。そもそも、姿勢の勁力なんて言葉は、存在していません。でも、偶然と必然により、姿勢の勁力に辿り着きました。

*ともかく、力の入れ過ぎは、姿勢勁力の邪魔をします。特に、下腿三頭筋に体重が降りてくれません。その途中で、体重を吸収してしまいます。最大の問題は、肩の緊張です。そして、上腕の緊張、腰の緊張、太ももの緊張、などです。

*肩で腕立て伏せする人も、力の入れ過ぎです。肩甲骨が緊張しています。肩甲骨発勁も、実は肩甲骨を緊張させて成立します。これはクセなので、本人は自覚できません。

*結果・・・フワフワと浮いています。私から見ると、空中浮遊です。本人はガッシリと落ち着いているつもりなんですが。

*これからも、根気よく、力の入れ過ぎを是正していくつもりです。なかなか理解してくれないのですけど・・・涙・・・
[PR]
by tiger-hawk | 2016-04-17 05:49 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー