動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

逆転する肩と腹

*肩を使わなければ勁力は出ます。では、肩の代わりに何を使うのか? 肩の代わりには腹を使います。

*これだけで解決してしまう人もいます。そんな時は嬉しくなります。でも、解決しない人もいます。個人差があります。それは、上腕の問題です。

*腕を伸ばすのは上腕三頭筋ですが、上腕三頭筋を使うと肩が緊張してしまいます。そこで、上腕三頭筋は使いません。

*上腕三頭筋の代わりに何を使うのか? 上腕三頭筋の代わりに前鋸筋を使います。

*ここまで来ると、混乱する人もいます。そもそも、前鋸筋が貧弱です。そこで、原点に戻ります。

*肩と腹の関係を逆転させます。これを、宋氏形意拳と心意六合拳の基本功と全ての技に徹底させます。

*鉄牛耕地を肩(肩甲骨) で実行する人がいます。これを腕立て伏せと称します。もはや、鉄牛耕地ではありません。

*鉄牛耕地を肩ではなく、腹で実行します。腹の真ん中を少し凹ませながら横へ引っ張ります。腹横筋のことです。排打功も腹横筋で受けます。心意六合拳の雷声も腹横筋で実行します。撃つ時も、腹横筋で実行します。

*呼吸法は一つです。オフェンスもデフェンスも、同じ呼吸法です。とても単純です。秘伝もウンコもありません。

*姿勢は一つです。それは、宋氏形意拳の龍形基本功のことです。とても単純です。アホのフジマツでもできるようになっています。

*鉄牛耕地を肩ではなく腹で実行すると、自然と前鋸筋と小胸筋が刺激されてきます。れは成り行き任せで大丈夫です。前鋸筋を意識しても、効果ありません。

*腕立て伏せを肩で実行すると、自然と大胸筋も使うことになります。肩と胸は一体で使うことになります。

*肩と腹の関係を逆転させると、全てが上手く好転します。

*肩は24時間リラックスさせます。そのように訓練します。

*腹は練習中はもちろん、椅子に座っていても使えるようになります。

*私は昔、心意六合拳の起勢ができませんでした。何故、できないのかが解りませんでした。でも、師匠の起勢とは決定的に違います。何かが違います。

*ある日、覚醒しました。肩と胸を使っているからできないのだ、と解りました。その日から、肩ではなく、腹を使うようになりました。すると、師匠のような起勢ができるようになりました。

*この腹を、心意六合拳の鶏歩でも弓歩でも、宋氏形意拳の六合歩でも使うようにしました。そして、撃てるようになりました。

*但し、腹はなかなか使えません。そもそも動きません。横へ引っ張るには、強烈な意識が必要です。

*だから、鉄牛耕地と排打功が有効となります。それでも間違ってしまう場合もあります。

*原点の心意六合拳・起勢に戻って、自分で注意しましょう。

*もう一つ、腰を使ってしまうと、尻が出ます。これは弓歩で顕著です。これも、腹を使わないことが原因です。特に、中国拳法経験者にとって大きな問題となります。

*これは、心意六合拳の収勢の訓練によって、修正できます。もちろん、他の技でも同じことですが。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-04-18 06:42 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー