動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

鉄牛耕地には鷹爪と腹横筋と指行性が

*どうして腕立て伏せは、腕立て伏せになってしまうのだろうか? どうして、肩甲骨が出て、腹が落ちて、腰が現れてしまうのだろうか?

*どうして鉄牛耕地ができないのだろうか?

*それは、鉄牛耕地はそれだけでは成立しないからです。

*腕立て伏せは腕立て伏せで完結します。しかし、鉄牛耕地には他の要素が大切です。

*肩甲骨が出てしまうのは、肩で身体を支えているからです。

*身体はまず、前腕の筋肉で支えます。すなわち、心意六合拳の鷹爪が必要となります。鷹爪の練習が欠かせません。(打撃の瞬間、相手の身体を前腕の筋肉=鷹爪で支えます。だから、寄りかかり発勁は禁止です。)

*腹が落ちて腰が現れてしまうのは、腹=腹横筋が抜けてしまうからです。つまり、体幹が崩壊しています。

*体幹を統一するためには、宋氏形意拳の龍形基本功が必要となります。龍形基本功により、肩と脇腹と尻が平になります。そして同時に動きます。肩が突出することはありません。

*腹横筋が働くためには、宋氏形意拳の熊の1号が必要となります。

*鉄牛耕地には、心意六合拳の鷹爪、宋氏形意拳の龍形基本功、熊の1号、が必要となります。

*腕立て伏せにはそれらがありません。腕立て伏せは、永遠に腕立て伏せなのです。

*鉄牛耕地は、それだけを練習してはいけません。心意六合拳の鶏歩と弓歩が必要です。その足指と趾球と足首と下腿三頭筋による指行性が必要となります。

*それらの要素が全て合わさった時、鉄牛耕地は成立します。すると、心意六合拳の単把の、宋氏形意拳の崩拳の基礎となります。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-04-22 05:05 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー