「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

つかむ=鷹爪=撃つ

*格闘技に勁力なんか要りません。格闘技には反射神経と筋力が必要十分条件です。

*となると、武術=格闘技と捉えて、格闘技的訓練に偏ってしまうと、勁力は永遠に生まれません。格闘技的訓練に勁力は不要だからです。特に姿勢勁力の製造は無理です。

*武術にカタチがあるのは、勁力を造るためなのです。心意六合拳に鶏歩と弓歩があるのは、宋氏形意拳に六合歩があるのは、勁力を造るためなのです。実際の場面では無形になるにしても、最初から無形では勁力は造れません。

*推手を重んじる流派は多いのですが、推手は反射神経の訓練です。勁力の訓練ではありません。

*反射神経の問題は、生来、神経の太さが決まっていることです。神経が太ければ、反応速度も速くなります。神経が細ければ、反応速度も遅くなります。訓練によって、神経が太くなることはありません。これが才能ということです。(神経の太さについては、ちくわさんに教示してもらいました。)

*しかし、筋肉は太くすることができます。ところが、問題があります。全身の力を使う、なんて先生がいますが、全身の力を使ってはいけません。使い分けが必要です。

*全身の力を使うと、ブレーキとなる力も発生します。渾身拳とは、渾身の力を込めることではありません。そんなことをすると勁力を阻害します。アクセルとブレーキを同時に踏むことになります。

*そこで、重点的な力と不要な力を分けます。肩の力と胸の力は要りません。そこで、肩の力と胸の力を抜きます。上腕の力も要りません。上腕の力と肩の力は連動してしまいます。腰の力も要りません。腰の動きは消します。

*欲しいものは、前腕の力です。打撃は前腕の力で実行します。それが、心意六合拳の鷹爪です。蹴りならば、下腿三頭筋です。四足歩行動物として考えるならば、前腕の筋肉は前肢の力となり、下腿三頭筋は後肢の力となります。

*そこで、つかむことも前腕の力で実行します。引っ張ることも前腕の力で実行します。撃つことも前腕の力です。これらは同じ力、同じ鷹爪なのです。

*相手の手首をつかむ。髪の毛をつかむ。耳をつかむ。奥襟をつかむ。肩袖をつかむ。肩口をつかむ。衣服をつかむ。ベルトをつかむ。いろいろあります。

*さらに、つかんで引っ張ります。もちろん、前腕の力で実行します。これを瞬間的にやると、打撃の練習になります。つかむこと、引っ張ること、撃つこと、は全て鷹爪なのです。

*練習では、相手の手首を瞬間的につかみ引っ張ります。相手と交互に練習します。

*前腕の筋肉が効いていない場合もあります。これはすぐに感じ取れます。自分でも感じられるし、相手にも感じ取られます。指に集中すると、前腕の筋肉が使えます。指で相手の手首をつかむようにします。

*どうしてこんなことをするのか? それは、瞬間的に鷹爪で撃てるようになるためです。つかんで引っ張ることは、打撃の勁力と同じことだからです。(引っ張ると方向は逆になります。) もちろん、腕の力を全部使ってはいけません。あくまで、前腕の力を使います。

*そんな練習をしてみました。とても楽しいので、土曜日もやってみます。

*ところで、鉄牛耕地も鷹爪で実行します。前腕の筋肉と腹(腹横筋と腹直筋) で支えて、ゆっくり降ろします。そして、低い姿勢から、前腕と腹で一気に速く上がります。もちろん、肩や肘を使ってはいけません。

*ゆっくり降ろして、速く上げます。これは、打撃そのものなのです。だから、鉄牛耕地は心意六合拳の虎撲と単把、そして、他の全ての技そのものとなります。そして、宋氏形意拳の崩拳になります。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-04-28 06:13 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー