「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

筋肉の使い分け

*「全身の力を使う」と表現する古武道の先生がいて、とても違和感を覚えました。かといって、力を抜く、とか、脱力、とかの表現もナンダカナアーと思ってしまいます。特に「脱力」は気持ち悪い。

*筋肉の使い分け、が大切だと考えています。心意六合拳の鷹爪を成功させるためには、前腕の筋肉だけ使う、という理会が必要です。

*私の小手パンチを見て、実際は体幹を使ってる、とTさんが指摘していました。いえ実は足も使っています。(地面は蹴りませんけど。)

*それでも小手パンチなんです。前腕の筋肉だけ使います。上腕の筋肉は使いません。肩は使いません。胸は使いません。腰は使いません。もちろん、肩甲骨は使いません。

*上腕と肩と胸(大胸筋) は使わないけど、腹横筋と前鋸筋と小胸筋は使います。

*鷹爪を教えると、全身の筋肉を緊張させてしまう人がいます。特に肩を緊張させてしまいます。どうしてそうなるの? と疑問なんですが、そんな人には緊張と脱力しか存在しないみたいです。

*ここで、肘が肝心です。肘が緊張しているか、緩んでいるか、という自己検証です。鷹爪は、前腕だけ使うので、当然、肘は緩んでいます。肘が緊張すると、肩も緊張します。

*心意六合拳の蛇行歩は肘で撃ちますが、肘は緩んでいます。心意六合拳の熊吊膀は肩で撃ちますが、肩は緩んでいます。

*以前、パンチを撃つと肘を痛める人がいました。不思議だなあ、と思っていました。彼は仕方無いので、脱力して練習していました。ある日、心意六合拳の挑領を思い切り撃ってごらん、と言ったら肘が痛いと苦痛の表情を浮かべていました。そのまま消えました。

*彼は極端な例なのですが、実は一般的な例でもあります。それほど重い症状ではないけれど、肘から肩を緊張させてしまう人は珍しくありません。むしろそれが一般的です。

*それが全身を歪めてしまいます。それを脱力では解決できません。

*心意六合拳の弓歩も同様です。外側広筋ではなく、内転筋を使います。筋肉の使い分けが大切です。

*全身の力を統一する、なんて必要ありません。全身の力は使いません。部分的に使います。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-05-01 05:53 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー