「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

ハンガー外しキャンペーン

*ハンガー外しキャンペーン、引き続き実施しております。そんな、つぶれそうな練馬の武術教室=虎鷹拳院です。

*先日、ある人が、やじろべえのように肩でバランスを取っている自分、に気がついたと仰っていました。

*やっと自覚したか、と喜んだのですが、本人曰く「自分ではなかなか解らない」とこぼしていました。

*その渦中にいる人は、自分の姿に気がつきません。こちらから見ると、カチンコチンなのですが、本人は普通の感覚です。

*ハンガーが肩にしっかりと埋め込まれています。それが、通常の人間です。これは、そもそも直立二足歩行から来ていると思われます。

*学校で、背筋を伸ばす、と教わっても、それは大胸筋で背筋を伸ばすことです。そこから、ハンガーが仕込まれます。

*では、猫背にすればいいのか? 猫背は小さい狭いハンガーとなります。胸が縮んで緊張しています。いわゆる中国拳法の含胸拔背がこれに当たります。実は、これも大胸筋を使っています。

*体幹は腹直筋で立てます。

*でも、その前に身体の中心を造ります。ヘソを中心として、腹を左右横へ引っ張ります。引っ張るのは腹横筋です。

*すると、ヘソの周りに楕円形の中心ができます。これが身体の中心=勁力の中心です。これが元になって、体幹が動きます。

*先日来た見学者、「腹横筋だろ」と、そんなこと解っているよ、と威張っていました。でも、みごとな腕立て伏せを見せてくれました。宋氏形意拳の龍形基本功も、体幹を捻っていました。腰を使ってしまいます。当然、尻が出ます。

*なんか感じ悪いので、間違いを指摘しませんでした。私も腹黒いです(笑) 。まあ、ああした人は間違いを指摘したところで、絶対に認めないのは解っていました。教えるだけ無駄です。

*腕立て伏せをやるということは、立派なハンガーが仕込まれているということです。しっかり腕立て伏せをやればやるほど、ハンガーは強固になります。やればやるほど駄目になります。

*ハンガーは脱力したところで、取れるものではありません。体幹の構造を変態させなければなりません。

*まず、鷹爪の前腕を習得する必要があります。すると、やや曲がった腕となります。これが、龍形基本功の腕となります。心意六合拳・虎撲の腕です。拳ともなります。宋氏形意拳の馬形拳も同様です。

*相手の身体を楽に支えられます。同時に自分の身体も支えます。

*大胸筋は使いません。鉄牛耕地を実行すると、貧弱な大胸筋となります。小胸筋と前鋸筋が発達します。

*体幹は、前腕と腹横筋で支えます。それが大切な原点となります。体幹のバランスは、前腕と腹横筋で造ります。

*小手パンチは、前腕の筋肉で造ります。しかし、腹(腹横筋) が隠れています。腹が黒幕です。これが本当の腹黒です。さらに、前鋸筋が隠れています。前鋸筋も黒幕です。

*そして、身体全体のバランスは、下腿三頭筋が支えています。下腿三頭筋は全体の黒幕です。

*これが、姿勢勁力の陰謀論です。

*陰謀のプログラムは、ハンガーを外した時に、本格的に始まります。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-05-03 05:14 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー