「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

脇腹バランス・ヘソバランス・足首バランス

*身体の変化なんですが、棒立ちでも、下腿三頭筋に体重を感じます。部屋の中を小股に歩くだけでも、下腿三頭筋に体重を感じます。

*これ、心意六合拳の鶏歩の効果です。それと、指行性ウォークと鶏行歩の効果です。

*鶏歩を止めてしまうと、この感覚もやがて消えてしまうでしょう。決して、不可逆性ではありません。

*人間の本来の歩き方は、蹠行性なので、指行性は不自然です。だから、指行性は可逆性となります。

*体幹がいつも立っているようになりました。これは、腹横筋と腹直筋の効果です。また、脇腹でバランスを取っています。自然とそうなりました。

*これは、鉄牛耕地の効果です。鉄牛耕地によって、小胸筋と前鋸筋が少し発達しました。大胸筋はペラペラになりました。そんなわけで、なにもしなくても自然と体幹が立ちます。

*普通の人は、大胸筋を使います。そのために、肩でバランスを取ります。ハンガーです。

*脇が閉まらなくなりました。小胸筋のせいです。もちろん、筋トレする人ほどではありません。あれほどの筋肉はありません。

*そんなわけで、加齢臭にワキガもプラスされました。あーきれいなオネーサン、帰らないでくださーい !

*どうせ女性には縁が無いのでいいんですけど、体育館が臭くならないように注意します。

*肩と腕の重みを、小胸筋と前鋸筋で支えているようです。これで肩の力が決定的に抜けました。肩の暴走が止まります。

*ということは、ただ肩の力を抜く努力をしても、決定的な効果は現れないかもしれません。

*つまり、鉄牛耕地で小胸筋と前鋸筋を造る必要があります。ところが、腕立て伏せになると、肩バランスが強化されてしまいます。脇腹バランスは無理なようです。

*体幹の絞りも、脇腹バランスが無いと無理なようです。決定的な体幹の絞りは、得られません。

*宋氏形意拳の龍形基本功も脇腹バランスが決定的な要素となります。

*脇腹バランスができると、拳は、掌は脇腹から撃ち出されます。腕は、龍=ワニ=爬虫類の前肢となります。脇腹は鼠蹊部へ向かって切り込まれます。これが、形意拳と心意六合拳の龍腰となります。

*龍腰は提肛と直結して、尻が収まり、腰が消えます。腰の暴走が止まります。

*脇腹は鼠蹊部へ、そして前腕の鷹爪へ直結します。足は下腿三頭筋体重となります。これで身体は一つになります。

*身体のバランスは、脇腹バランス、ヘソ周辺バランス、足首バランス、となります。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-05-04 05:54 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー