動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

肩も腰も要りません

*どうして肩を使ってしまうのだろうか? と疑問なんですが、やはり代わりのものを用意しないと駄目なようです。

*代わりのものとは、前腕の筋肉=鷹爪、脇腹、腹、です。それらを造るのが、心意六合拳の鉄牛耕地です。特に平起平落の鉄牛耕地です。

*ゆっくり降りて、素早く持ち上げます。この時、腹で身体を持ち上げます。これが大切なコツです。

*肩で身体を支えて、肩で身体を持ち上げるのが、腕立て伏せとなります。そのために、腹が落ちて、腰と肩甲骨が現れます。これは、ヒトの直立二足歩行の弊害です。

*鉄牛耕地では、腰と肩甲骨が消えます。

*そして、腹横筋と前鋸筋が使えるようになります。ちくわさんによれば、フジマツは外腹斜筋も発達しているそうです。これは、龍腰の影響によるものと考えられます。龍腰によって、前鋸筋から鼠蹊部へ向かって緊張が走ります。

*前鋸筋が発達したら、脇の締まりが悪くなりました。というか、なにもしなくても脇にモノが挟まっている感じです。結果、脇の下に汗をかきます。加齢臭にワキガのコラボです。ナンダカナアー
 虎鷹拳院に女性が来ないのは、そのためでした。

*中国拳法系では、寄りかかり発勁=体重浴びせ発勁がよく見られます。もちろん、虎鷹拳院では最低の行為となります。

*寄りかかり発勁は、心意六合拳の鶏行歩に存在していません。つまり、鶏行歩により、寄りかかり発勁は克服できるはずなんです。

*体重を前倒しにしてしまうと、そもそも鶏行歩が途絶えてしまいます。だから、鶏行歩を前提とする限り、寄りかかり発勁=体重浴びせ発勁はあり得ません。

*それでも、寄りかかり発勁する人は、それが簡単だからです。今までの習慣を変える必要が無いからです。今までの習慣とは、蹠行性歩行のことです。

*蹠行性歩行は、足裏全体を用います。つまり、踵を用います。足指は用いません。

*つまり、寄りかかり発勁とは、蹠行性歩行の当然の帰結なのです。となると、これはヒト武術の宿命なのかもしれません。

*鶏行歩は指行性歩行となります。すなわち、踵は地面から離れます。そのために、足首が折れ曲がります。すると、足指と下腿三頭筋が使えることになります。

*こんなことは、普通の人は考えません。フジマツはひねくれ者なので、考えていることも普通ではありません。

*ともかく、鶏行歩はそのまま発勁となります。そして、鶏行歩とは鶏歩の変形です。鶏歩が大きくなっただけです。寄りかかる必要はありません。特別な動作は要りません。もちろん、沈墜勁も震脚も要りません。なんにも要りません。

*そして、肩も腰も要りません。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-05-08 05:44 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー