動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

前腕と"腹"立て伏せ

*腕立て伏せとは何か? 実は、腕立て伏せとは腕立て伏せではありません。腕立て伏せとは、「肩立て伏せ」のことです。肩で四つん這いの身体を支えます。だから肩甲骨が出ます。だから腹は落ちます。これが肩甲骨発勁への道となります。

*では、鉄牛耕地とは何か? それは肩立て伏せではなく、「腹立て伏せ」となります。腹で四つん這いの身体を支えます。

*しかし、腹(腹横筋と腹直筋) だけでは身体を支えられません。前腕の筋肉=鷹爪が必要となります。すると、鉄牛耕地は、「前腕と腹立て伏せ」ということになります。

*最近は、回す鉄牛耕地は止めてしまって、一本足の平起平落だけにしています。すると、前鋸筋にさらに効果的でした。ちくわさんによれば、外腹斜筋も発達してきたそうです。やっと、自信のある体幹ができあがりました。立ち上がる体幹が実感できます。脇の下が重くなりました。

*動物武術の打撃は、前腕と前鋸筋が直結します。これは、拳・掌にすれば、最後の段階だけで撃つ、ということになります。それまでは緩めていればいいのです。

*これが、宋氏形意拳の崩拳となります。すなわち、最後の段階まではフニャフニャでいいんです。最後だけで撃ち込みます。最後だけ鷹爪の拳となります。

*そして、これが心意六合拳の単把となります。単把は、後ろ手で撃ちます。それが秘密の要訣です。そのように師匠に教わりました。

*すると、前手には力要りません。前手は力を抜いてしまいます。その前手に遅れないように後ろ手も付いて行きます。すると、後ろ手もガチガチではいられません。後ろ手も力を抜いてしまいます。

*そして、最後の段階だけで撃ちます。鷹爪で撃ちます。

*しかし、練習では、単把は鷹爪で構えます。この時は、両手は鷹爪で張ります。次の瞬間、鷹爪の張りは曖昧になります。両手の力は抜かれてしまいます。

*そして、最後の段階だけ、鷹爪で撃ちます。

*最初の構えでは、鷹爪がしっかり張っています。これは、ディフェンスもかねているからです。しかし、攻撃する瞬間、力は抜かれます。そして、最後の段階だけ、鷹爪で撃ちます。

*この要領が、心意六合拳の全ての技に適用されます。最初は鷹爪で構えます。そこから撃ち込む瞬間は力が抜かれます。最後の瞬間は、鷹爪で撃ちます。最初と最後だけ鷹爪です。

*これがいわゆる寸勁とか冷勁とかいわれるものになります。だから、全ては寸勁だけとなり、長勁は存在しません。

*この身体を、前腕と腹立て伏せ、で造ります。ゆっくり降ろして、素早く上げます。腹で上げます。

*これで動物武術の世界は連なります。世界は回ります。
e0011605_4291534.jpg

最近はRODNEY CROWELL (右の男性) とライブ・ツアーをしているらしいですEMMYLOU HARRIS。しかし、おばあちゃんになったら、可愛くなりましたねエミルウ・ハリス。え? blogと関係ない? 失礼いたしました。逃げろ~~
[PR]
by tiger-hawk | 2016-05-12 05:44 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー