「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

筋肉が記憶する

*姿勢勁力の失敗のほとんどは、力の使い過ぎです。しかし、力を使い過ぎる人は、そもそも力の加減ができません。無い物ねだりです。そのような人には、1%か100% しかありません。中間の力がありません。そして、欲しいものは中間の力なのです。

*まさに中庸です。孔子先生はやはり偉かった。全力なんて要りません。全身の力なんて要りません。中間の力が欲しいのです。

*全力しか無い人は、しばしば全身がガチガチです。どうしてそんなにガチガチなの? と不思議なんです。ガチガチおじさんたちです。

*カイロプラクターのちくわさんが、そんな人たちの脇の下をゴニョゴニョ治していました。確かに効果あって、肩の位置が下がりました。前鋸筋が目覚めました。でも、自分で発見したものではないので、すぐに元の木阿弥になると懸念しています。

*武式太極拳の構造は単純です。武式太極拳は、前足踵を着地させた虚歩から小さい弓歩になります。この過程で勁力を造ります。それだけのことです。教わったことはありませんが、心意六合拳の経験からすぐに解りました。

*まあ、僑松茂先生、弟子を教えません。だから、おかしな武式太極拳伝人もいます。それでも僑松茂先生、平気な顔をしています。なんだか横から見ていて、笑ってしまいました。もちろん、腹の中で笑っていました。ほとんどの人は、浮いています。浮き上がって空中浮遊しています。

*これは、大腿直筋で地面を蹴るからです。そもそもヒトの直立二足歩行が、大腿直筋で地面を蹴ります。それを武式太極拳でもそのまんまやっているわけです。だから浮き上がります。中間動作がありません。いきなり、ホイ、と弓歩になります。ゆっくりやっても無駄です。

*ここは浮き上がらずに、少しずつ足首を折り曲げるようにします。使うのは、後ろ足の足指と趾球です。すると、下腿三頭筋で弓歩が造れます。これで勁力が発生します。

*中には下腿三頭筋で地面を蹴る人もいます。これがたぶん八卦掌の構造です。もちろん、姿勢勁力としては間違いです。

*心意六合拳の鶏歩では、この動作を内部処理してしまいます。だから動作はありません。宋氏形意拳の六合歩も同様に、内部処理してしまいます。

*鶏歩では既に内部処理しているので、鶏行歩は左右の足が交替するだけとなります。つまり、普通の歩行とは異なります。歩いていない、ともいえます。

*この文章は、ほとんどの人は納得できないと思われます。それは、仕方のないことです。そもそも、そんなことは体験したことが無いからです。生まれて来てから、一度も体験したことがありません。すると、納得できないので、いろいろと入れ替えます。自分の理解できる動作に置き換えてしまいます。

*そして、大腿直筋で鶏歩を造ります。大腿直筋で鶏行歩を歩きます。これを修正するのですが、自分で確認作業をやらないものだから、一週間で元に戻ります。人に教わるのではなく、自分の筋肉で記憶しなければいけません。筋肉ももちろん記憶できます。記憶すれば再現できます。

*人に教わっている限り、永遠に記憶できません。脳の記憶でも駄目です。つまりこのblog も無意味です。脳の記憶に頼らず、筋肉が記憶するようにします。そうすれば、いつでも撃てます。棒立ちでも撃てます。

*しかし、筋肉が記憶するといっても、力を込めてはいけません。それでは身体がガチガチになってしまいます。利用できるのは自分の体重だけです。そして、体重を増やしてはいけません。何かの衝撃によって、体重を増やしてはいけません。あるがままの体重を利用します。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-05-17 05:12 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー