「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

関節ではなく筋肉

*手首発勁とか、肩甲骨発勁とか、沈肩墜肘・含胸拔背とか、拳を正中線に沿って撃つとか、面白くもくだらないことをやり出すのが中国拳法です。

*どうもその根源は、肩カギ病ではないのか? と考えています。肩カギ病は、肩ハンガーから発生します。肩にハンガーを仕込んだ人は、例外なく肩カギ病に感染します。

*その診断は簡単です。人を押してもらいます。すると、多くの人は、肩を詰まらせてしまいます。それが肩にカギをかける肩カギ病です。すると、強い力=勁力は生まれません。勁力は死んでしまいます。

*ご覧のように、私の肩はなで肩です。それは、新宿二丁目の修行の成果です。んなことはありません。私は女性一筋です。しかし、女性が誰一人として相手にしてくれないだけです(涙) 。あーきれいなオネーサン、帰らないでくださーい ! まだ続きがありますからあー

*私の肩の力が抜けたのは、宋氏形意拳のフニャフニャ崩拳のお陰です。とにかく、肩の力を抜いて、ひたすら崩拳(五行拳) を撃ちました。

*でもそれだけでは駄目でした。肩の代わりのものを造り出さなくてはなりません。それが、鷹爪=前腕の筋肉、僧帽筋、そして前鋸筋なのです。お陰で脇の締まりが悪くなりました。大胸筋はペチャンコです。ペチャパイです。

*腕立て伏せは、肩で身体を支えます。腕立て伏せすると、肩カギ病はさらに進行します。どんどん肩が詰まります。永遠に勁力は生まれません。

*肩の代わりのものを造るには、心意六合拳の鉄牛耕地が欠かせません。鉄牛耕地によって、前腕の筋肉、僧帽筋、そして前鋸筋を造ります。

*肩の代わりに、腹で身体を支えます。腹横筋のことです。根本は下腿三頭筋で身体を支えます。心意六合拳の鶏歩です。そして、体幹は、前鋸筋と僧帽筋で支えます。

*手首発勁も、肩甲骨発勁も、そして肩カギ病も、関節を使います。この関節を使うことが、間違いの元です。

*心意六合拳の鶏歩も、膝を使う人がいます。そのために膝を痛めます。関節を使うことが間違いの元です。

*関節を使わずに、筋肉を使います。そのために、腕立て伏せを止めて鉄牛耕地します。前腕の筋肉、僧帽筋、そして前鋸筋を造ります。

*私は貧乏なのでジムへは行けません。でも、タタミ一畳のスペースがあればトレーニングできます。基本トレーニングは、鶏歩・弓歩・六合歩と鉄牛耕地です。
e0011605_4342536.jpg

[PR]
by tiger-hawk | 2016-05-19 04:23 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー