「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

勁力は姿勢にあり動作には無い

(昨日の体育館から)

*サンダーさんの肩立て伏せ=腕立て伏せを修正してみた。腕の最適な長さは教えていたはずだけど、腕を伸ばしていた。それだと肩立て伏せになる。腹の意識も全然足らない。メタボ予備軍と医者に言われて喜んでいた、その腹です。食い過ぎた罰ゲームとして、毎日、鉄牛耕地すればいいよ。

*心意六合拳の鶏歩に苦しんでいるので、武式太極拳を教えてみました。鶏歩はいきなり完成形を求められるので、サンダーさんには難しいかな? と思いました。

*宋氏形意拳の六合歩は、一部、未完成形です。何処が未完成かというと、体幹の絞り=龍腰が未完成です。その体幹の絞りは、撃ちながら完成させます。

*武式太極拳は、前足の踵が着地した虚歩から小さい弓歩になります。その過程で勁力を造ります。虚歩には勁力がありません。勁力としていうと、全て未完成です。

*弓歩には勁力があります。しかし、途中経過が駄目だと勁力はできません。普通の人は浮いてしまいます。武式太極拳第六代伝人も浮いていました。僑松茂先生はそんなこと、どうでもいいみたい。知らん顔しています。

*私は、ふーん、そんなもんか、と見ていました。まあ、他人事なんで、どうでもいいのですが。

*ある日、武式太極拳第六代伝人の奥さんが演武しました。それを見ていた僑松茂先生、ぽつんとつぶやきました、「なんか浮いているなあ・・・」。

*それで私は完全に理解できました、「ああいうのが浮いているんだ」と。横にいた私にわざと聞こえるようにつぶやいたのか? は解りませんでしたが。

*というか、さんざん指導していた人が浮いていても人ごとみたい。なんだかなあ・・・教える気がないんかい ! ないんだろうなあ・・・私は、宋氏形意拳と心意六合拳の経験があるので解りましたが。

*力を抜いていても、大腿直筋で地面を蹴ってしまいます。すると、フワッと浮いてしまいます。下腿三頭筋を使うのですが、下腿三頭筋で地面を蹴ってもいけません。

*足指と趾球に意識集中して、下腿三頭筋を使います。ところが、使い過ぎてもいけません。自分の体重分だけ使います。

*普通の人は、自分の体重以上の力を使います。そのほうが効果的だと考えているようです。ところが逆効果なんです。姿勢勁力としては無駄な努力です。

*自分の体重以上の力を発勁動作といいます。沈墜勁とか十字勁とか震脚とか、ですね。

*宋氏形意拳の六合歩には勁力がありますが、武式太極拳の虚歩には勁力がありません。

*したがって、虚歩から弓歩の過程で撃つのは、あまり効果的ではありません。この途中経過に勁力が無いからです。心意六合拳の鶏行歩とは違います。

*弓歩になった瞬間に撃つのが、よろしいかと愚考いたします。もちろん、弓歩になった後でも、いくらでも撃てます。何発撃っても問題ありません。

*勁力は姿勢にあり、動作には無いからです。(姿勢勁力の場合)

*心意六合拳の場合、鶏歩=鶏行歩なので、どの段階で撃っても構いません。
e0011605_10223396.jpg

[PR]
by tiger-hawk | 2016-05-20 08:30 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー