動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

龍=ワニから虎鷹へ変態

*心意六合拳は十種の動物の生態で構成されています。ところが、ここに一つだけ想像上の動物がいます。それが龍です。

*心意六合拳と形意拳では、大切な身法として、龍腰があります。龍腰はしばしば龍身とも称されます。

*龍とは何か? 不思議な存在です。中国では、俗に"小龍"といえば"蛇"のことです。となると、龍腰=龍身とは、蛇のようにくねくねと腰を動かすことなのか? 

*ところが、心意六合拳の蛇撥草の技を見てみると、くねくねなんかしていません。体幹は脇腹で統一されています。腰は消えています。(蛇撥草とは、蛇が草むらを滑るように移動する様を表現しています。)

*心意六合拳の蛇行歩は、肘撃ちなんですが、肘と体幹は一体化しています。いわゆるムエタイの肘撃ちとは全く違います。(虎抱頭では、肘と頭と体幹が一体化しています。)

*以前、龍とは蛇から想像上で進化した動物だと考えていました。ところが、実際の動作とは合いません。蛇形拳もくねくねしていません。

*龍腰=龍身を解明してみたら、脇腹の前鋸筋から鼠蹊部へ向けて切り込むラインのことでした。だから、龍腰=龍身とは体幹を絞ることです。

*これを表現しているのが、心意六合拳の熊吊膀と蛇形挿把です。熊吊膀とは順歩で、蛇形挿把とは逆歩になります。どちらも身体を閉じます。

*閉じる勁力の要となります。それが体幹の絞り=龍腰・龍身でした。いわゆる十字勁とは真逆の世界です。十字勁とは開く身体・開く勁力のことです。つまり、ヒト武術とは開く勁力となります。

*宋氏形意拳の五行拳も閉じる身体・閉じる勁力となります。そのために、熊の1号と2号の基本功があります。この熊の1号と2号が、絞る体幹・閉じる勁力の根幹となります。

*後に、龍とは蛇が想像上進化したものではなく、古代ワニの化石から想像されたものだと解りました。ワニ学者の説です。確かに、龍の顔・頭部を見るとワニにそっくりです。身体は空を飛ぶために長く伸ばされていますが。私たちは空を飛ぶことはできないので、そこは無視してもいいでしょう。

*むしろ、心意六合拳と形意拳は地に呪われた武術です。大地から生まれて、大地に呪われて、やがて大地に帰ります。

*となると、ワニの体幹を造る必要があります。それが、平起平落の鉄牛耕地です。ワニの体幹は、ヒトの腹横筋・腹斜筋・前鋸筋で造ります。(腹直筋は腹横筋に連動します。) 

*前腕は前鋸筋と直結させます。それが鷹爪となります。

*鷹爪=前腕の筋肉ーー龍腰・龍身=体幹の絞りーー鶏歩・六合歩=ニワトリの一本足と指行性、と身体は構成されます。

*前腕の筋肉=鷹爪と下腿三頭筋=指行性は、四足歩行動物だとすると同じものです。ここに、ヒトは虎鷹に変態します。

*様々な動物の精霊に導かれて、ヒトは虎鷹へ変態します。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-05-24 05:02 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー