「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

身体のバランスを整えます

(昨日の体育館から)

*五行拳(宋氏形意拳) をやろう、とのちくわさんの提案で、熊の1号・2号・3号をやってみました。

*五行拳の形は既に教えてあるので、根本的なところから再構築です。熊の基本功ができれば、五行拳は完成します。

*熊の1号・2号・3号は、体幹の絞り(龍腰・龍身) のことです。心意六合拳の熊吊膀と同じことです。

*宋氏形意拳と心意六合拳の違いは、体幹の絞りのタイミングです。

*心意六合拳は体幹の絞りが完成した時点から撃ちます。宋氏形意拳は体幹の絞りの過程があります。絞りながら撃ちます。

*どちらが単純かというと、完成させてから撃つ心意六合拳のほうが単純で簡単です。

*でも、そこに落とし穴があります。体幹の絞りを学習する過程が欠落しています。いきなり心意六合拳の熊吊膀をやると、身体が回転してしまいます。すると、身体が開いてしまいます。それは、鼠蹊部の開きとして、具体化します。

*あるいは、体幹の絞りの一方通行です。身体が回転してしまうと、片方だけ絞る結果となります。もう片方の鼠蹊部は開いてしまいます。

*その結果、姿勢勁力は崩壊します。姿勢=バランス、ということです。バランスが崩れてしまいます。

*そこで、勢いでごまかすことになります。ますます、勁力から遠ざかります。勢いがあると、迫力が出ていかにも強そうですが、そこに姿勢勁力は存在しません。

*心意六合拳に助走は必要ありません。鶏行歩は助走ではありません。鶏行歩は、鶏歩の足が交替するだけです。

*助走すると、それだけで身体は浮いてしまいます。浮いてしまえば、勁力は存在しません。

*そのために、宋氏形意拳の五行拳は、徹底して六合歩の定歩で練習します。歩くことを放棄します。そして、体幹の絞りを徹底させます。それが、熊の1号・2号・3号となります。

*足は地に呪われています。だから、地を蹴ることがありません。足は地に吸い付いています。それも、趾球と足指が地に吸い付いています。肉球が地に吸い付いています。

*そして、体幹は絞られます。そして、前腕の筋肉で撃ちます。掌&拳は、前腕の筋肉そのものです。決して、手首を使ってはいけません。手首に負担させてはいけません。前腕の筋肉が支えます。鉄牛耕地も同様です。

*同様に、肩で支えてはいけません。肩に負担させてはいけません。腹と脇と背中で支えます。すなわち、腹横筋と前鋸筋と背中の僧帽筋で支えます。

*それが、動物武術の体幹となります。この体幹を絞ります。それが動物武術の打撃となります。

*体幹の絞りとは、脇の前鋸筋から鼠蹊部へ向かって切り込みます。同時に、尻を出してはいけません。尻は納めます。すなわち、提肛です。

*だから、腰を伸ばしてはいけません。腰はゆるめてしまいます。もちろん、猫背になってもいけません。体幹は、前鋸筋と腹横筋と腹直筋と僧帽筋で立てます。

*特に前鋸筋が大切です。前鋸筋を使えば、大胸筋を使わずに済みます。すなわち、胸を張らずに体幹が立ちます。肩を使うこともありません。

*手首・肩・胸・腰、を使うことが避けられます。

*手首ではなく、前腕の筋肉です。肩ではなく、背中の僧帽筋です。胸ではなく、前鋸筋です。代わりのものを用意してあげます。

*それが平起平落の鉄牛耕地です。腕立て伏せは、最初から肩が尖っています。肩甲骨が出ています。だから、肩立て伏せです。

*腕立て伏せは、身体のバランスを狂わせます。鉄牛耕地は、身体のバランスを整えます。

*その身体を絞ります。それが打撃となります。だから、閉じた勁力となります。身体を開くことはありません。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-06-02 05:26 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー