動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

鶏歩と鶏行歩の真実

*心意六合拳・鶏歩の真実・・・体幹は腹横筋と前鋸筋により、半身となります。

*一般的には、半身を大胸筋と肩で造ります。これが間違いの元となります。このほうが簡単なので、胸と肩に流れやすい。

*これは、龍腰・龍身の無理解から来ています。龍腰・龍身とは、脇の前鋸筋から鼠蹊部へ向けて切り込むことです。このラインを交差するように両側で造ります。形意拳者も心意六合拳者も、これをはっきりと認識していません。中国語の資料でも、曖昧な表現に終始しています。

*唯一、アホのフジマツが世界で初めて明らかにしました。本来は昔から存在しているものなのてすが、明確化されていませんでした。心意六合拳の熊吊膀も、この理解が無いと撃つことはできません。全ての心意六合拳の技に存在しています。全ての宋氏形意拳の技に存在しています。

*心意六合拳の龍盤の姿勢にも現れています。そして、相撲の蹲踞の姿勢にも隠れています。

*ただ、違いもあります。心意六合拳は、はっきりと龍腰の半身を造ってから撃ちます。宋氏形意拳は、龍腰の半身の過程があります。

*それが、心意六合拳の鶏歩と宋氏形意拳の六合歩の違いとなって現れています。しかし、足の指行性は同じです。根本的な部分は同じです。

*足は本質的に指行性です。それは、"鶏歩"と"鶏行歩"に現れるように、ニワトリの指行性と一本足です。

*その鶏歩の造りは、鼠蹊部の折れ曲がり、膝裏の折れ曲がり、足首の折れ曲がり、の三カ所折れ、となります。

*この三カ所、特に足首が折れ曲がることによって、体重は足首に降りて来ます。しかし、足首は関節なので、体重の負担は下腿三頭筋にかかります。

*これだけのことです。とても単純です。ところが、難しい人もいます。

*それは、ある種の類人猿が、大腿直筋で直立二足歩行したためです。それが後にヒト科となりました。そして、現代のヒトとなりました。そのために、鶏歩でも大腿直筋主導で立ってしまいます。足首が折れ曲がるということが、理解できません。もっと上の大腿直筋で立っているからです。下の下腿三頭筋まで体重が降りて来ません。

*しかし、恐竜から始まって鳥類、そしてニワトリは指行性で二足歩行しました。ネコ科(虎) とイヌ科(狼) も指行性ですが、彼らは四足歩行です。

*ニワトリは二足歩行の指行性です。しかも、ゆっくりと歩く時は一本足時間を長く取ります。

*このニワトリの一本足時間が、ヒトの指行性を出現させました。そのために、鶏歩は、後ろ足の指行性となります。その体重は、後ろ足の下腿三頭筋が主導して支えています。

*しかし、ヒトは大腿直筋主導です。大腿直筋により、蹠行性の二足歩行が確立しました。さらに、がに股のヒトもいます。特に日本人に多いように感じます。がに股のヒトは、外側広筋により、蹠行性の二足歩行をします。

*武術の基礎といわれる馬歩も、外側広筋主導です。したがって、蹠行性となります。そのままの姿勢では、勁力が発生しないので、沈墜勁などの発勁動作が必要となります。

*鶏行歩の真実・・・鶏行歩とは連続する鶏歩のことです。すなわち、鶏歩の足が左右交替します。地面を蹴って歩いているわけではありません。

*特に、大きい鶏歩となり、移動します。大きい鶏歩にすると、鶏歩を維持するのが難しくなりますが、すぐに一本足になるので問題ありません。つまり、より一本足を強調した歩き方となります。

*この一本足状態の時に、既に勁力が発生しています。

*前のめりに歩くと、一本足状態が造れません。一本足状態があったとしても、時間が短過ぎます。つまり、ウォーキングのような前のめり歩行は、勁力の発生を阻害します

*ランニングは、そもそも地面を蹴って跳躍しているので、問題外です。鶏歩と鶏行歩の真実を理解して、勁力を獲得します。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-06-07 06:57 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー