動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

分裂した体幹の統一と集約

*心意六合拳と形意拳が言うところの、龍腰・龍身とは、腕力ではなく体幹力を使え、ということです。

*そんなの当たり前だ、と言われそうですけど、実際にできる人は少ないようです。

*様々な技を教えてみるのですが、実際には腕力を暴走させている人が少なくありません。私たちにはプロレスラーのような力はありません。私たちの腕力なんか、貧弱なものです。

*ある空手の先生の丸太ん棒のような腕で両手首をつかまれた時、完全に動けなくなりました。あれ? とあせりました。プププ

*それでも、宋氏形意拳の龍形基本功と心意六合拳の鷹形拳を用いてなんとかなりました。師匠に感謝です。でも基礎体力の差は歴然です。もしも、あの空手の先生が動物武術の勁力を体得したならば、私の身体はポロポロにされてしまうでしょう。(でもとてもいい人だったので、そんなことはしないと思います。プププ)

*それでも、虎鷹拳院にも腕力を暴走させてしまう人がいます。そもそも貧弱な身体をしているのに、腕力に頼っても無意味なんですけど? たぶん、なんにも考えていません。アハハ

*宋氏形意拳の龍形基本功は、体幹を統一させるためにあります。そもそも、私たちの体幹は分裂しています。腰を使えば体幹は分裂します。肩を使えば体幹は崩壊します。胸を使えば体幹は消えてしまいます。

*宋氏形意拳の熊の1号・2号は、開いている体幹を絞るためにあります。熊の1号は体幹を縦に絞ります。熊の2号は、体幹を横に絞ります。その上に、心意六合拳の熊吊膀などは存在できます。

*そして、鼠蹊部は閉じられます。尻は収まります。

*ところが技を教えてみると、基本功のことは完全に忘れてしまいます。それだと暴力技なんですけど・・・ナンダカナー

*目先の相手に全てのことを忘れてしまいます。基本功が何の役にも立ちません。相手に心を奪われてしまうので、前のめりになってしまいます。指行性勁力? そんなの冗談でしょう? 恋は盲目です。プププ

*実際に体幹を鍛えるのは、鉄牛耕地です。しかし、それも肩を使ってしまうので、腕立て伏せになってしまいます。一生懸命に肩を鍛えて、ハンガーを強化しています。ナンダカナー

*肩は使わずに腹を用います。腹圧を極端に上げます。前腕に意識集中します。すると、脇腹が鍛えられます。前鋸筋のことです。すると、なで肩になります。大和撫子のような、なで肩になります。前鋸筋で腕を支えているからです。

*心意六合拳の鶏歩の後ろ足が開いている人がいます。それをがに股鶏歩と言います。後ろ足も真っ直ぐに前を向きます。

*だから、心意六合拳の鶏行歩はオカマ歩きとなります。それは、鼠蹊部が閉じられているからです。しかし、鼠蹊部だけ閉じても無駄です。

*鼠蹊部は、脇腹から閉じられます。脇腹の前鋸筋から鼠蹊部へ向けて、閉じられます。それが熊の1号です。心意六合拳の熊吊膀です。それが、龍腰・龍身の実態なのです。

*腕力ではなく体幹力を使うためには、分裂している体幹を統一させる必要があります。そのままでは駄目なんです。そして、鼠蹊部へ向けて集約させる必要があります。それが基本功の目的です。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-06-20 06:06 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー