「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

ヒトと動物をつなぐ

*太極拳というと、ユルユルといったイメージかあるけれど、僑松茂先生の弓歩は異常に強い。相手の力を流さず、押し返してしまう。それはアホのフジマツが自分の身体で体験しました。もちろん、体重移動はしません。

*ところが、武式太極拳では隠しているみたいです。武式太極拳の推手も、相手の力を流さずに押し返します。だからいわゆる推手ではありません。ここでも、体重移動はしません。体重移動で押してはいけません。そこに勁力は存在しません。

*それでも、套路ではきっかりと弓歩を造り、一瞬止まります。弓歩をはっきりと表現します。一般の太極拳では、連綿不断と称して動作を流してしまいます。しかし、僑松茂先生の武式太極拳では動作を流しません。(他の武式太極拳については知りません。) 

*それは僑松茂先生自身が私に表明していました。そして、武式太極拳から派生した孫式太極拳には、はっきりとした弓歩が無い。弓歩をしっかりと造らず、一瞬止まらない。それは、弓歩を伝えなかったからだと。(イジワルですね。でも一般社会でもよくあることですね。)

*心意六合拳では別の意味で動作を流してしまう先生がいます。それは、勢いに任せてしまう先生です。見た目は迫力があるので騙されてしまいます。しかし、それは走っているだけです。そこに鶏行歩は存在していません。形意拳でも走る先生がいます。それも無意味です。

*ランニングとウォーキングは、大腿直筋で地面を蹴る運動です。つまり、ジャンプしています。ウォーキングがジャンプ運動だとは、納得しない人が多いと思います。しかし、その本質はランニングと同じく、大腿直筋で地面を蹴っているのです。

*指行性ランニングとは違い、ウォーキングは蹠行性というだけです。蹠行性では上手くジャンブできません。そして、ジャンプ運動も、大腿直筋で地面を蹴る運動です。

*鶏行歩でも、大腿直筋で地面を蹴る人が大多数のようです。それだと、単純にがんばればできてしまいます。でも残念ながら、そこに鶏行歩の勁力は存在していません。

*しかし、勢いに任せてしまうと、蹠行性のウォーキングと同じになってしまいます。それに気がつかない先生も少なくないようです。

*心意六合拳では動作を流してはいけません。そのために、一つの動作が終わったら必ず止まります。動作を繋げてはいけません。このことは師匠に厳命されました。

*鶏行歩を蹠行性でなく指行性にするためには、踵に体重を落としてはいけません。踵は地面に触れるか触れないか、という感覚で即時に趾球と足指で立ちます。つまり、足裏時間が短くなります。

*だから、ペタペタと歩く鶏行歩は蹠行性となります。指行性にするためには、瞬時に趾球で立つようにします。その時に撃ち込みます。

*宋氏形意拳の六合歩が、後ろの椅子に座るようにするのは、踵で立つためではありません。踵で立ってはいけません。椅子とは、後ろ足の下腿三頭筋のことです。下腿三頭筋に座ります。そのために、足首は折れ曲がり、趾球と足指で立ちます。

*武式太極拳には、一歩の中に蹠行性と指行性があります。最初は踵で立っています。それから趾球と足指に移行します。 ヒトから動物へ移行します。

*私が武式太極拳を理解できたのは、心意六合拳の弓歩を練習していたからです。心意六合拳は指行性なので、その弓歩は一瞬で造ります。しかし、結果は武式太極拳の弓歩と同じです。過程が違うだけです。武式太極拳はヒト武術なので、ヒトから出発しているのです。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-06-22 05:00 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー