動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

弱くてやわらかいバネを造る

(昨日の体育館から)

*弱くてやわらかいバネを造る・・・をやってみました。

*ハイ、下腿三頭筋のことです。下腿三頭筋に、弱くてやわらかいバネを造ります。

*これは、心意六合拳の鶏歩と弓歩、宋氏形意拳の六合歩、そして全ての技に共通する指行性勁力の拳理です。

*でも解りにくいので、心意六合拳の燕子点水で、弱くてやわらかいバネを造ってみました。

*燕子点水は小さく跳躍します。実用面では跳躍しなくても同じです。

*跳躍というと、指行性ランニングです。ところが、燕子点水の跳躍は、指行性ランニングと性質が全く異なります。

*指行性ランニングでは、下腿三頭筋に硬くて強いバネを造ります。それが速い走りの基礎となります。

*ウォーキングは蹠行性ですが、やはり下腿三頭筋に硬くて強いバネを造ります。それがウォーキングを支えます。

*硬くて強いバネの下腿三頭筋は、大腿直筋と結合して、大きな硬くて強いバネを造ります。

*沈墜勁や震脚の場合も、その衝撃を支えるために、下腿三頭筋に硬くて強いバネを造ります。

*指行性ランニングとウォーキングと沈墜勁と震脚は、共通して、下腿三頭筋に硬くて強いバネを造ります。

*つまり、発勁動作は、下腿三頭筋に硬くて強いバネを造ります。

*そのために、心意六合拳の鶏歩と鶏行歩においても、下腿三頭筋に硬くて強いバネを造る傾向があります。

*しかし、静かな姿勢勁力は、弱くてやわらかいバネを必要とします。硬くて強いバネは、静かな姿勢勁力を破壊してしまいます。

*弱くてやわらかいバネの下腿三頭筋は、実は、強大な勁力を生み出します。その典型が燕子点水です。その構造は、虎抱頭でも、双虎抱頭でも、虎爪などの技でも同じです。

*ですから、それらの技は、私の得意技です。

*最初の内は、虎抱頭が全く撃てませんでした。しかし、それは燕子点水と共に氷解しました。弱くてやわらかいバネを獲得したのです。

*弱くてやわらかいバネは、宋氏形意拳の六合歩でも共通しています。ですから、五行拳の基礎は下腿三頭筋の弱くてやわらかいバネなのです。

*しかしヒトは強大な勁力を求めて、硬くて強いバネを求めます。硬くて強いバネが強大な勁力を生み出すと思い込みます。それは、当然の傾向なのです。

*しかし、それが失敗の原因となります。そこに気がつかないと、心意六合拳の鶏歩と弓歩、宋氏形意拳の六合歩を破壊させてしまいます。

*試しに、両足の足指と趾球で立って伸び上がってみてください。下腿三頭筋は硬く緊張します。それが硬くて強いバネなのです。それが指行性ランニングとなります。

*そしてそれが静かな姿勢勁力を破壊します。その指行性勁力を破壊します。

*下腿三頭筋に弱くてやわらかいバネを造りましょう。
e0011605_4514414.jpg

心意六合拳はイスラーム回族の中から生まれました。形意拳は心意六合拳から派生しました。イスラーム回族は、モンゴル帝国のユーラシア統一から生まれました。いわゆる元の時代に、イラン・イラク・中央アジアからイスラーム系の人々が移住してきたのです。それが回族の元となりました。ですから、モンゴル帝国の歴史は心意六合拳の原点なのです。

十三世紀中頃、ヨーロッパ人が相次いでモンゴリアの奥深く入っていった。教皇あるいは王の命を受け「地獄(タルタルス) の住人」の地へとユーラシア乾燥帯を苦難と危険を道連れに歩みゆく修道士たち。勢力を西に拡大中のモンゴル帝国で、また本営カラコルムで彼らは何を見、誰に会い、どんな宗教や風俗に触れたのか。二人の修道士それぞれの見聞記。(裏表紙から)

*心意六合拳は中央アジアの虎の風です。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-06-23 06:49 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー