動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

套路脳を捨てる

*腹から撃つ・・・を訓練するためには、宋氏形意拳の熊の1号と2号が欠かせません。心意六合拳も腹から撃つのですが、その基本功が無いので、身体が回ってしまう先生がいます。そうなると、もう心意六合拳ではありません。

*典型的なのが、心意六合拳の熊吊膀です。熊吊膀は肩を当てるのですが、肩が回転してはいけません。肩を当てるのですが、肩は使いません。

*体幹の切れを使います。そのためには、身体の中心の腹を造ります。

*肩に力を入れると、全ては崩壊します。勁力どころではありません。しかし、肩の力を抜くと、何もできなくなる人もいます。今までの人生では、全て肩の力で生きてきたのです。

*そこで、肩の代わりのものを用意します。それが、脇腹と腹です。脇腹は筋肉でいうと前鋸筋です。腹は筋肉でいうと腹横筋です。

*それを鍛えるのは、排打功と鉄牛耕地です。ところが、排打功でも鉄牛耕地でも、肩を使ってしまいます。肩を使うのは、鉄牛耕地ではなく腕立て伏せです。腕立て伏せはやってはいけません。どんどん悪くなります。

*腹を使えるように訓練するのは、熊の1号と2号です。

*熊の1号は、体幹の切れを造ります。脇腹から鼠蹊部へ向けて体幹を切り込みます。縦の動きですが、やや斜めにクロスします。右の脇腹から左の鼠蹊部へ、左の脇腹から右の鼠蹊部へ、同時に切り込みます。

*この動きが技になります。宋氏形意拳の崩拳(五行拳) になります。心意六合拳の熊吊膀や龍形裹風になります。

*それだけでは不足しています。熊の2号が加わると、腹の動きが完成します。

*最初は、熊の2号は宋氏形意拳の横拳の基礎だと考えていました。ところが、崩拳に熊の2号の動きを加えると、格段に勁力が向上しました。そもそも鑽拳を考えると、最初から熊の2号がありました。

*熊の1号と2号は一つとなるべきだったのです。

*若い頃、陳式太極拳の套路を習いました。しかし、私の陳式太極拳は全く使いものになりませんでした。ただ、套路の形をなぞっていただけでした。

*ところが、熊の2号で陳式太極拳をやってみると、勁力が発生しました。あれ? 陳式太極拳が使える? と自分でもびっくりしました。

*それは陳式太極拳が使えるのではなくて、腹が使えるようになっていたのです。

*しかし、熊の2号は絶望していました。教えてみると、みんなできません。めちゃくちゃなことをやります。それでもう日本人には無理、と決めていました。

*でも、最近は教えるようにしました。失敗の原因は、肩と腕力を使ってしまうことです。

*なんで力を入れるのかなあ? 力は要らないのに? とても不思議でした。頭がおかしいのかなあ? そんなはずはありません。フジマツのほうがアホです。ではなんで? 

*それは、肩と腕力で今まで生きてきたのです。そういう習慣性に支配されているのです。脳神経の回路がそうなっていて、硬直して化石化しているのです。それは男性性ともいえます。

*フジマツは馬鹿なんですが、動きの本質が見えてしまいます。アホのフジマツを神様が哀れんで、そこだけは見えるようにしてくれたのかもしれません。

*それは套路脳では駄目なんです。基本功・・・それも腹の動きから改造する必要があります。套路脳は捨てて、腹の動き脳に切り替えます。

*こんなこと文章にしてみても、あまり意味はありません。ぜひ、虎鷹拳院の練習に一回参加して、熊の1号を味わってみましょう。(でも最初から馬鹿にするために来る人は教えませんので、悪しからず。そんな人がいました。) 
[PR]
by tiger-hawk | 2016-06-26 06:08 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31