動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

風が心地よい

・・・膝を折り曲げるのではなく、足首を折り曲げる・・・

*久しぶりに公園で練習しました。芝生広場の端っこの木立の中です。芝生広場をそよぐ風が心地よい。木立が直射日光から守ってくれます。テーブルも用意してあります。プププ

*オバチャンBに、「膝を折り曲げるのではなく、足首を折り曲げる」を教えてみました。なんのこと??? と不思議そうな顔をされました。

*同時に、鼠蹊部を折り曲げます。尻は収めます。大胸筋は使いません。足指と趾球で立ちます。踵は使いません。

*いろいろ言ったら、混乱していました。申し訳ありません。

*この姿勢、武式太極拳の起勢です。心意六合拳の鶏歩です。宋氏形意拳の六合歩です。

*でも日本人には、相撲の立ち合いの姿勢、といったほうが解りやすいと思います。あるいは、蹲踞の姿勢です。

*蹲踞のまま立ち上がってもらうと、尻を出す人がいます。膝に体重を掛ける人がいます。前のめりになる人がいます。それだと、簡単に崩されてしまいます。立つことは、なかなか難しいんです。

*熊の1号は、重心を左右の足の真ん中に置きます。重心が動いてはいけません。ところが、半身を切ります。

*しかし、両側の鼠蹊部を切り込みます。脇腹の前鋸筋から斜めに切り込みます。片方だけだと、鼠蹊部が開いてしまいます。だから、両側を切り込みます。

*最近、武式太極拳の単鞭が解りました。ゆるやかな放物線を描いて撃ちます。最後はちょっと落ちます。直線的に撃つから駄目だったのです。

*嬉しくなって、木を叩いたり、パンチング・ミットを叩いたりしています。

*どうして解ったのか? 僑松茂先生に会ったのか? いえ、僑松茂先生に指導してもらったのは、一週間位です。昔、旧満州=東北地方の撫順で会っただけです。

*でも、自然に氷解しました。そんなことはよくあります。熊の1号も2号も、自分で練習していたら使えるようになりました。武式太極拳はほとんど練習していなかったので、遅れました。

*結局のところ、宋氏形意拳の龍形基本功と同じです。

*武式太極拳の弓歩と一致させます。弓歩は、決壊した洪水の水かさが少しずつ高くなるように、足下から筋収縮します。下腿三頭筋の下のほうから上のほうへ、大腿二頭筋の下のほうから上のほうへ、水かさが高くなるように、ゆっくりと筋収縮します。

*心意六合拳はこれを一気にやってしまいます。それは、指行性動物だからです。

*武式太極拳は蹠行性なので、ゆっくりと指行性へ変化します。ヒトから動物へ変化します。

*武式太極拳の套路をちょっとだけやってみました。

*最後に、熊の2号をやってみました。難しそうなので、脇腹の回転を省いて、鼠蹊部の動きだけやってみました。

*今後も、公園練習を続けることにしました。月曜日13時から、光が丘公園ゆりの木広場近くの木立の中でやります。よかったら、遊びにおいでませ。風が気持ちいいです。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-06-28 06:36 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー