「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

鼠蹊部は両側で切り込みます

*こんにちわ、アホのフジマツです。

*先日のことです。宋氏形意拳・熊の2号を練習していたのですが、かなり難しそうなので、鼠蹊部の切り込みだけやってみました。

*両側の鼠蹊部を切り込みます。その切り込みは、脇腹の前鋸筋から始まります。しかし、半身になります。

*脇腹の半回転は省略しました。

*するとこれ、熊の1号と全く同じです。そうなんです。熊の2号は、熊の1号に脇腹の半回転を加えただけなんです。

*どちらも半身になります。この時、問題が生じます。身体の回転です。

*身体が回転してしまうと、後ろ側の鼠蹊部が開いてしまいます。すると、姿勢勁力は崩壊します。

*心意六合拳の弓歩でいうと、後ろ足側の鼠蹊部が開いてしまいます。心意六合拳の鶏歩でも同様です。

*心意六合拳の起勢でも同様です。身体の回転は阻止しなければいけません。身体の回転は、腰の回転のことです。

*その腰の回転は、肩と胸の開きから始まります。肩と胸が開き、腰が回転し、身体の回転となり、後ろ側の鼠蹊部が開きます。

*いわゆる十字勁とか馬歩だと、全く問題の無い身体の回転なんですが、姿勢勁力ではこれを阻止しなければいけません。

*それは、片側の鼠蹊部を切り込むだけでなく、両側の鼠蹊部を切り込むということです。

*ここに、熊の1号と2号の心臓部があります。それは姿勢勁力の根幹となります。

*心意六合拳の熊吊膀で身体が回転してしまうのも、鼠蹊部の切り込みに無知なためです。

*心意六合拳の熊吊膀が撃てないのも、鼠蹊部の切り込みに無知なためです。

*もちろん、本人は無知ですから、撃てるつもりになっています。中国人は面子を重んじるので、誰も指摘しません。そこで、アホのフジマツが指摘してあげます。嫌われ者ですから、今更嫌われても構いません。

*心意六合拳は勇猛果敢であるべきだと、それを第一に考えている人は、地面を蹴ってしまいます。その結果、身体は浮きます。

*そしてもう一つ、鼠蹊部は開いてしまいます。つまり、身体は回転してしまいます。

*特に、日本人はがむしゃらが好きです。がむしゃらに突進します。そこはくそ真面目にならずに、慎重に相手を観察します。

*そのために、自分を観察します。そして、身体の回転を阻止します。腰の回転を阻止します。肩・胸の開きを阻止します。そして、鼠蹊部は両側で切り込みます。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-06-29 06:19 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー