動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

二重の仕掛け

*指行性勁力の実像について整理してみます。心意六合拳の鶏行歩には二重の仕掛けが隠されています。

*勁力は後ろ足の下腿三頭筋に降りた体重にあります。そのために、後ろ足の足首は折り畳まれます。すると、足指と趾球で立つ結果となります。そして、足首は関節なので、筋肉の下腿三頭筋が体重を受け止めます。

*これが、心意六合拳の鶏歩の構造です。勁力としては、後ろ足の下腿三頭筋にある体重が移動しなければいいわけです。

*というわけで、鶏行歩の登場となります。鶏行歩は鶏歩が交替して連続します。

*鶏行歩は、後ろ足の踏み込みから始まります。それが最初の一歩です。ところがこの後ろ足、前へ行くことはありません。つまり、前足に体重移動しません。前足が前へ行きます。後ろ足は踏み込むだけなのです。その後ろ足の下腿三頭筋には体重があります。そこから勁力が発生します。

*だから、古拳譜には、武芸の全ては後ろ足の踏み込みにあり、と記されています。

*この、"後ろ足の踏み込み"には、二つの意味=二重の仕掛けが隠されています。まずは、前足へ体重移動しない、ということです。

*それだけでなく、後ろ足の下腿三頭筋にある体重は、後ろ足の大腿直筋に体重移動しない、という仕掛けです。

*ところが、ここに大きな問題があります。後ろ足の下腿三頭筋の体重は、後ろ足の大腿直筋へ移動してしまうのです。たくさんの人が、この間違いを犯します。すると、勁力は消えてしまいます。

*ここで、後ろ足の裏側の大腿二頭筋が使えればいいのですが、そうは成りません。(武式太極拳の弓歩では、この大腿二頭筋も訓練します。)

*どうしてでしょうか? それは、ヒトは大腿直筋で直立二足歩行を確立したからです。そして、700万年間そのように歩いてきたのです。特に日本人は歩幅が狭いので、大腿直筋だけで事足りてしまいます。足指なんて要りません。幼児の歩き方を観察すると、よく解ります。

*下腿三頭筋はただの抗重力筋としての役割だけで終わってしまいます。

*後ろ足の下腿三頭筋から、後ろ足の大腿直筋への体重移動は、足の裏側と表側の関係なので、とても微妙です。あまりに短い距離なので、多くの人は気がつきません。

*どうしてフジマツは気がついたのか? それは馬鹿正直だからです。鶏歩の下腿三頭筋を延長したのが鶏行歩、という現実をそのまま受け入れました。日頃はひねくれ者なのですが、そこだけは素直でした。というか、既成概念は疑うのがフジマツの習慣性です。

*普通の人は素直なんですが、その問題では、常識や慣習に妥協してしまいます。無意識に迎合してしまうのです。今までそうやって生きてきたのだから、そのまんま受け入れてしまいます。既成概念を疑うことを知りません。その意味では素直です。

*ともかく、鶏行歩は後ろ足から始まります。ところがこの後ろ足、前へ行くことはありません。前足が前へ行きます。そこに二重の仕掛けがあります。そこに勁力があります。そこに後ろ足の下腿三頭筋による踏み込みがあります。後ろ足の下腿三頭筋にある体重に、勁力が発生します。

*しかし、普通の歩き方というのは、後ろ足の大腿直筋による踏み込みなのです。だから、鶏行歩でも、そのクセが現れてしまいます。その結果、後ろ足の下腿三頭筋にある体重は、後ろ足の大腿直筋へ移動してしまいます。せっかくの鶏歩練習が台無しとなります。

*鶏歩練習を生かして、鶏歩と鶏行歩を一致させてしまいます。すると、後ろ足の下腿三頭筋から後ろ足の大腿直筋への体重移動を克服できます。

*しかし、足を硬直させてしまう人もいます。そうなると、足指が使えません。すると、全体の構造が硬直して崩壊してしまいます。

*後ろ足が前へ行くことなく、前足が前へ行くという構造は、形意拳や心意六合拳の技=単練法において普通に見られます。ところが、そこに二重の仕掛けがあったというわけです。
e0011605_9244863.jpg

[PR]
by tiger-hawk | 2016-07-04 07:07 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー